FC2ブログ


Recent entries
2008/12/31 (Wed) そして....

今週のユリちゃんのスケジュールが公式ページ Sidus HQ にて更新されました^^

                 トゥラマ <ケド ホンギルドン> チュァリョン
2008-01-14~2008-01-20 드라마 <쾌도 홍길동> 촬영
                (ス~モク)パンソンPM 9:55 KBS トゥラマ <ケド ホンギルドン>
                (수~목)방송PM 9:55 KBS 드라마 <쾌도 홍길동>
1ウォル 16イル クァンゴ <スキンプドゥ> チュァリョン
1월 16일 광고 <스킨푸드> 촬영

2008-01-14~2008-01-20ドラマ<快刀ホン・ギルドン>撮影
(水~木)放送PM 9:55 KBSドラマ<快刀ホン・ギルドン>
1月16日広告<スキンフード>撮影



(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
スキンフード広告撮影がある~~~~~\(^-^)/バンザーイ./( )\モヒトツ\(^o^)/バンザーイ

アボガドバージョンを撮影したのが確か9月頃。。。
そろそろないのかな~って思ってたけどついに新バージョンの撮影なのね。。。
しかも明日じゃん!明日!!!!
とっても楽しみですね~ショートカットになってのスキンフードは初めてのこと。
どんなヘアスタイルでどんな衣装で撮影するのかも。。。
まさかイノクのまんまでの撮影ってことはないだろうし。。。(笑)
CM撮影後はまたいろいろ撮影現場の取材などなどもあがってくるだろうし
さらに楽しみが増えますね^^

さあ、そして1週間撮影漬けの「快刀 ホン・ギルドン」。。。続きを読むで今週キャッチしたいろいろなユリちゃん!?をどうぞ^^


.... 続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ソン・ユリ - ジャンル:アイドル・芸能


快刀 ホン・ギルドンのロケ地に新たな場所が加わったようです。
ニュース記事よりお届けします^^

九里市鍛冶屋の村,快刀ホン・ギルドン撮影開始!
[デイリアン] 2008年01月14日(月)午後03:19
[テイリアン京畿,コン・ギョンボ記者]

0114-1.jpg

◇九里市,峨嵯山(アチャサン)に作られた高句麗鍛冶屋の村全景.
(c)コン・ギョンボ記者
京畿 クリ市(市長 パク・ヨンスン)峨嵯山(アチャサン)の鍛冶屋の村が太王四神記に続き'快刀ホン・ギルドン'撮影に入った。
九里市と製作会社オリーブナインが去る13日撮影協約を終えてKBS-2TV居間ドラマ'快刀ホン・ギルドン'は今週木曜日6回分から放映するようになる。
去る1月2日から24部作で放送を始めた水.木ドラマ(午後9時55分)'快刀ホン・ギルドン'はカン・ジファン(ホン・ギルドン),ソン・ユリ(ホ・イノク),チャン・グンソク(イ・チャンフィ),チャ・ヒョンジョン(チョン・マルリョ),キム・リナ(ソ・ウニェ)等が熱演をしながら,先週まで4回放映されたプログラムで聴視率が15%を越えている。
九里市関係者は"太王四神記に続き快刀ホン・ギルドンが九里市の高句麗の奇想を植え付ける場所で撮影している"として"高句麗歴史復元などがはやく形成されてきらびやかだった民族精神を九里市で続けること"と話した。


ヨン様の「太王四神記」で初めて使われたというこの村。。。どうやら日本、台湾などで「太王四神記」が放映され初めて人気はうなぎのぼりのようですよね。そして、この3月からどうやらここの村が一般公開されるとの話です。ヨン様ファンにまぎれてそのうちチョコも是非是非訪れて見たい場所になりそうです。

だけど「快刀 ホン・ギルドン」のロケ地めぐりをしようと思ったら、韓国全土を網羅しないといけないね。。。(笑)

テーマ:洪吉童 ホン・ギルドン - ジャンル:テレビ・ラジオ


快刀 ホン・ギルドン」HPの掲示板に載せられた記事です。
マニアレビューというタイトルから興味深々に読み進めましたが。。。

DMZコラムリストパク・ソヒ様が'快刀ホン・ギルドン'を楽しむ方法に対してレビューを作成した文です
該当掲示物はDMZマニア レビューに同時に紹介されました

-------------------------------------

'快刀ホン・ギルドン' 私たち一度一緒に遊んで見ようか?

[パク・ソヒ コラム]

入って行って..


2007年は多分史劇天国という位史劇ドラマがとても多かった. その渦中では成功した
ドラマもあって, 失敗したドラマもあるだろうが, 史劇が大勢だったことだけは否定することができないのだ.
その大勢に従ったことだろうか? 2008年 1月 2日.. kbsで週末夜にだけ主にお目見えして来た史劇というジャンルをミニ水木ドラマに登場させた. しかしこの史劇は私たちが知っている史劇ではないちょっとさらにアップグレードバージョンした史劇だ.
別名 “コミックフュージョン史劇”. 誰も試みなかったジャンル.
結論的にその内容と形式は想像以上だ.


洪姉妹作家の愉快さと想像力..


ホン姉妹(ホン・ジョンウン,ホン・ミラン)作家の作品を筆者は大好きだ. “快傑春香”に始まり
“マイガール”, “ファンタスティック・カップル” まで .. 内容も内容だが, 彼ら特有のはつらつさが好きだ.
ドラマを見ながら主人公たちが間違うか心配で戦々恐々とするよりは楽な心で笑いながら
見られるのが最大の理由であろう. 普通ドラマを見ていればその次の内容を予想するように
なる場合もあるのに, 彼女らは通俗的な内容を通俗的でなく解く能力があるようだ.
一言で予想がよくできない. 思いもよらなかった部分で笑いを噴き出す. そして
それは “快刀ホン・ギルドン”でもやっぱり輝かしい.

0114-001.jpg

“ホン・ギルドン”といえば,以前に他放送会社で放映したホン・ギルドンだけが定石とか..思った人々に,
‘もしホン・ギルドンが遊び人だったら ?’ という発想の手始めが全然違ったホン・ギルドンを作り出している.
だけでなくゴルフをする権力の核心, クラブ雰囲気の妓生房, 彊屍と鬼のバトル, 広告パロディー
など.. 真正なフュージョンとはどんなものか見せてくれている.
通常のホン作家ドラマたちと同じく流行語予感さえ見えているから, “権力の核心です”,
“分かる必要ない”, “運がいい”, “チャイヨ” 等々回が繰り返していくごとに見る楽しさがかなり良くなる.

新しくなった彼らの演技.

0114-02.jpg

新しくなった内容と形式程演技者たちの演技も新しくなった.
去年 “京城スキャン”でモダンボーイで活躍したカン・ジファンはソン・ウワンという役が彼に
演技者として新しい跳躍になるキャラクターだったら, 今度ホン・ギルドンという役目は彼が演技者として
確かに位置づけしたことを見せてくれる.
怠け者でいいかげんで茶目っ気多くて町内の日ごろつきであるホン・ギルドンの役目を完璧に消化してから
呼父呼兄をすることができないホン・ギルドンの他人が分からない痛みを表現する時にはどの瞬間か私たちが分かっている
原作ホン・ギルドンの姿とは変わっている. 両極端の演技で視聴者たちにちょっと混乱を与えることはおろかその変換がとても自然だ. そんなの知らないよと言いながらも難しさに処した人々を真剣に助ける姿は今後変わって行くホン・ギルドンを期待するようにする. なんだかそのそんなの知らないよは相変わらずであることのようであるが.

0114-03.jpg

カン・ジファンの演技がいっそうアップグレードになったバージョンならソン・ユリ演技は彼女の演技のスペクトラムを広げてくれている. この間まで不治病に苦しんで涙をぽつりぽつりと流したソン・ユリが当たるのか..ホ・イノクというキャラクターを素敵に消化している. 彼女の演技に対して初盤に他のドラマのキャラクターに似ているという論難があったりしたがますますソン・ユリばかりのホ・イノクが完成されていることを感じる.
そして彼女の演技変身に拍手をしてあげたい.

終えて..

日本小説やドラマなどをリメークして作られるドラマや映画がますます多くなって
私たち文化が漸次的に日本文化に蚕食(さんしょく)されていくのではないかと言う憂慮を作り出しているこの時に, 我が国の伝統小説を私たちの式で再解釈して作った “快刀ホン・ギルドン”は我が国の文化の新しい突破口で先に進んで行くみたいだ. 我が国の小説も新しく解釈すれば十分に面白い素材になることができる..ということを自ら見せてくれている.

“快刀ホン・ギルドン”はもうすでに 4回まで進行された.
もうホン・ギルドンが殺人罪の濡れ衣で逃げまわると思うので少しは緊張して, ヘミョン僧侶の話がイノクとギルドンの悲しい運命を想像させるようにするが内容がどんなに進行されるかは
誰も分からない. しかし明らかなことは明快に状況が解けるつもりというのだ. そのためだろう?
“快刀ホン・ギルドン”を見ていればサダンペが思い出される. 私たちが興がわくように遊んで見る場所だから視聴者たちも一緒に楽しんで見るのを私たちに勧める.
私たちはその勧誘を気持ち良く受け入れて一緒に楽しむこと. それが “快刀ホン・ギルドン”をまともに見られる方法だ.

2008-01-13

パク・ソヒ angelsoy@naver.com


パクさん、、、d(゜-^*) ナイス♪な記事をありがとう。
ホン姉妹作品が好きだという気持ちはたくさんの方が感じられてることと思いますが、その独特な方向の見えない感覚がストーリーの行方を簡単に想像させないというところは大いにあるとチョコも思います。イノクとギルドンの視聴者たちに突きつけられた運命は、まだ本人たちの知るところではなく、またその解き明かしていく過程もきっと私たちが思うものよりもまた違う方向性で捉えてくれるのではないかという新たな見方もまたあるように思えてきました。
そうだ、そうなんだ。このドラマはホン姉妹作品なんですよね。独特な言い回しであったり、度肝を抜くアイデア満載のドラマですがもう1/6を終えてしまいました。(こう書くと終わりに近づいて行くようで切なくなりますが。。。)今後の展開が本当に楽しみです^^

ところで、この途中で出てきた流行語となろう言葉をあらためて。。。

“권력의 핵심입니다”
“알게 뭐야”
“재수가 좋아”
“짜이요”

みなさん、どこでどう出てきてるか気が付きます!?!?その前にどう読むか読めますか~~~???

“クォルリョギ ヘクシミムニダ” “権力の核心です”, 
“アルゲ ムォヤ”  “分かるがなにか”
“チェスガ チョア” “運がいい”
“チャイヨ”  “???”

チョコは今のところ上記のように訳してますけど、最後のチャイヨっていうのだけどういう風に訳していいのかわからないんです。別れの挨拶?またね!みたいなものなのかな?
もしわかる人おられましたら是非是非教えてください。今後の翻訳に生かしていきたいと思っています^^
“アルゲ ムォヤ”は“分かるがなにか”でよかったのかな。。。いまいち自信ないのですが。。。(笑)
ご指摘のコメントお待ちしていますn(_ _)n



 

テーマ:洪吉童 ホン・ギルドン - ジャンル:テレビ・ラジオ



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 お気に召すままチョコっとchocolat!, All rights reserved.