FC2ブログ


Recent entries
2008/12/31 (Wed) そして....

11月30日に撮影が行われたポスター撮影でしたが、いよいよお目見えです^^

poster.jpg


うーん。。。いいですね^^ですけど、足元がなにやら、切り貼りしたように不自然で。。。きっとこれは合成してるのかなぁ。。。と思える感じです。

KBSの社報に掲載された記事もありましたのでお伝えしちゃいます^^

2008年1月2日フュージョン時代劇<快刀洪吉童>がくる!
ホン長官お宅の庶子(認知子)に生まれた洪吉童.論語,孟子をさらさら他は天才的才能は彼にはむしろ荷物だ。ところでこいつ,漢陽を揺るがしたあらゆる事件と関わらないことがない。だが背後に彼があるという噂だけ広まっているだけ,ただ一度も官衙にかかって入ったことはない。どんな厳しい捕盗庁でも,洪吉童の影さえつかめない

カン・ジファン(洪吉童役)
格好良くパイプを噛んで京城最高の浮気者を演技したカン・ジファン.昨年夏数多くの女性ファンらの胸をときめくようにした彼が朝鮮時代への時間旅行に出発した。それも韓国人ならば誰にでもお馴染みの'洪吉童'に変身したという,話だ。朝鮮の3台義賊中一つの洪吉童が今度は油気(=潤沢な機運を比喩的にう言葉)をぱっと抜いて人間的だというよりちょっと足りない(?)姿で誕生したんだ。京城の女心を揺さぶった彼がもう漢陽をまるごと揺さぶる。

ソン・ユリ(ホ・イノク役)
これだけでない。
<雪の女王>で限りなく女性らしい姿で保護本能を刺激したソン・ユリは多血質男装女性'ホ・イノク'に帰ってきた。酒を斗酒でのみまくって,すべてのことに拳が先んじながら,上手に言葉をあやつるのは彼女から過去'ピンクル'時期のめっちゃ可愛さを期待することは無理であるようなんだけど・・・。

国内最初のコミック史劇<快刀 ホン・ギルドン>2008年新年をすがすがしくて痛快に開いてくれるだろう。

<快刀洪吉童大当たり予感三つポイント>

1.油気ぐいっと抜いて,懇意で軽快に!
既存の史劇らとは違って,若くて現代的な人文らを前面に押し出した。成功した英雄らの話であった<イム・コックジョン>でも<張吉山>,<御史パク・ムンス>まで皆30台を越えた人物ではなかったのか。今回の<快刀洪吉童>では重さ感を与えるいくつかの助演らを除けばすべてのキャラクターらが20台前後半の若くて新鮮な人物らだ。'油気'と'重さ感'をぐいっと抜いて懇意で軽快に視聴者らに近付く。

2.苦戦の苦戦をパロディにする?
洪吉童と共にする活貧党院らの事情を古典小説中の人物たちから借用.その面白みを増した。
妹沈清(シムチョン)が清国に売られるのを防ごうとするオラビスグニ事情(沈清伝(シムチョンジョン)
継母に親姉さんが殺害された後復讐を夢見ながら,おばけ騒動を繰り広げるホンヨンの事情(薔花紅蓮伝)
ケラッカイン トンセンエソで自身の財産を没収されるヨン氏の事情(興夫伝)等古典をねじって組んで,新しく再解釈したエピソードは話展開に新しい好奇心をプレゼントするだろう。

3.もし永昌大君が死ななかったとすれば...
'洪吉童伝'は光海君時期ホギュンによって,執筆された。
庶子の身分で王権の正統性を脅威を受けてついに自身の血縁を死に追い込む悲運の王、光海.唯一の赤子という理由一つで幼い年齢に身体障害者塊の中で死んでいかなければならなかった幼い大軍永昌.彼ら兄弟の悲劇的な理由は劇中チャンフィとクァンフィの事情で再誕生される。そしてドラマは"もし永昌大君が死ななかったとすれば,,それで彼が'洪吉童'という火の鳥踊る英雄に会ったとすれば.."という仮定で始まる。

ホン姉妹,4打席連続ホームラン期待して!
<快傑春香>,<マイ・ガール>に続き<ファンタスティック・カップル>までヒットさせてドラマ界のマイドスソンで浮び上がったホンジョンウン*ホンミランという作家姉妹.
今度は単にからだ良い男がよどみなく飛び回るドラマをしたくて<快刀洪吉童>を選択したのだ。<ファンタスティック・カップル>で主人公が持ったキャラクターらにもそれなりの独特のアイデンティティーを付与した彼女ら姉妹が現代的に再解釈された洪吉童とホ・イノクにどんな新しい色回りの生命を付与するのか全く気になる。また史劇とコミックを混ぜ合わせた'コミック史劇'というジャンルもホン姉妹ファンらの関心を集めるほかはない。

'人々を楽しくさせる作品が良いですもう少し内面空白が積もれば笑いの中に人生がにじみ出る作品も書きたいですね'と話す彼女らホン姉妹の<快刀洪吉童>がすでに気になる。

元記事は。。。どこからいただいたものかわからなくなってしまいました。。。スミマセンm(._.*)mペコッ

この記事を翻訳機にかけて読んでみてもわからない単語がいっぱい出てきて苦労しました。。。まず、歴史を知らないし、昔話も知らない・・・歴史上の人物が出てきてもわからないことばかりだし。。。うーん、これは下調べしておいた方がいいのかも。。。と考えるわけです。

途中出てきた沈清伝・薔花紅蓮伝・興夫伝・・・韓国の有名な古典小説のようですね^^
それについては簡単にこんな話のようです。


パンソリは、18世紀の始めに、米穀の生産が豊かな朝鮮半島南部の全羅道で、それをもとに財を成した商人が歌い手(唱者)「クァンデ」のパトロンになった為に発達したと言われています。パンソリがパンソリとして確立する前は、歌だけでなく、仮面劇や人形劇などの演劇や、綱渡りなどの芸も見せる、旅がらす芸能であったと伝えられています。パンソリが韓国で再認識されたのはつい2、30年前からであり、それも韓国の伝統的な節回しを欧米人が絶賛したことがきっかけでした。

パンソリにはもともと12編ありましたが、現在まで歌い継がれたのはその中の5編だけとなっています。 春香(チュンヒャン)歌、沈清(シムチョン)歌、興夫(フンボ)歌、水宮(スグン)歌、赤壁(ジョクビョク)歌がその5つです。

(1)春香(チュンヒャン)歌
朝鮮時代のヤンバン(両班)の息子イ・モンリョンと妓生(芸者)の娘ソン・チュンヒャンのラブストーリーで、「春香の愛」「春香の別れ」「春香の試練」「春香の再会」など四つの場で構成されています。

(2)沈清(シムチョン)歌
沈清歌は孝行娘、沈清(シムチョン)が身体まで投げ売って、最後は盲目の父の目を見えるようにすると言う悲劇的な孝行物語。「幼い頃の沈清」「処女になった沈清」「皇后に生まれ変わった沈清」などの場で構成されています。最も技巧的に難しいパンソリとされています。

(3)興夫(フンボ)歌
興夫歌は貧しいが善良なフンボが種から育てたひょうたんの中に金銀財宝福を授かる物語。 金持ちなのに欲が深い隣人が真似をしてひょうたんを育てたら中から汚物とお化けが出てきたと言う、韓国版「花咲かじいさん」です。

(4)水宮(スグン)歌
水宮歌はウサギの知恵にだまされた龍宮家族の物語で、動物を通じて人間の群像を風刺的に描写しています。

(5)赤壁(ジョクビョク)歌
ジョクビョク歌は、中国の羅貫中が書いた小説「三国志演義」の中の「ジョクビョク大全」を元にした、改訂版「三国志」。

元記事はこちら
http://www.mafnet.jp/roman/korea_forum/korea07.htm
他にもこちらの方でも解説してるものがありました。
三枝寿勝の 「韓国文学を味わう」 第 III 章パンソリが文学に与えた影響

薔花紅蓮伝についてはこちらのサイトで。。。
ハングル学習。「薔花紅蓮伝」を学ぶ: 不機嫌なテントウムシ

こういった古典をモチーフにしてストーリーが展開されるということですね。。。
あと、永昌大君、光海君の兄弟話。。。
KBS WORLD クリック韓国の歴史
こちらで学んでみてはどうでしょうか。。。(ちょっと投げやり的???)
歴史話となるとちょっと引いてしまいたくなるチョコですが、いえいえ、ユリちゃんドラマのためならば、、、やりますよ~~~。。。おかげで韓国通になってく感じだわ(^ー^* )フフ♪

最後まで読んでくれたヨロブンにはお楽しみがありますよん^^
続きを読むで。。。どうぞy(^ー^)yピース!



はーい。こちらにまでやってきてくれたあなたには。。。ポスターに関わる他のお写真をプレゼントします^^

1208-26.jpg

1208-6.jpg

1208-7.jpg

1208-8.jpg
1207-21.jpg

ユリちゃん~~サランヘヨ~~~(*^^*)
スポンサーサイト

テーマ:洪吉童 ホン・ギルドン - ジャンル:テレビ・ラジオ




chocoさん~^^/

これが正規のポスターなんですか?
どうして、合成なのかしら?
二人一緒に撮ればいいのになぜでしょうね~?
歴史は・・・ウ~ム、チンプンカンプンですね~^^;
だから時代劇って苦手。。。
私は、時代背景よりもユリちゃんの演技に集中しよっと^^
チョド、ユリちゃん、サランへヨ~~~
【2007/12/09 00:52】 URL | hako #-[ 編集]
こんにちわ!!チョコさんは私と逆ですねっ^^携帯のほうはお任せあれです☆なんちゃって(笑)ホン・ギルドンで待ち受けとか着メロとかできたらすばらしいですね!けど無理しないでくださいね^^
時代劇。。。難しいですね~、、千年の愛でユリちゃん演じるプヨジュにホールインワン(笑)したかのんでありますが、今回のイノクにもしびれちゃいそうです~~(^-^)
【2007/12/09 15:04】 URL | かのん #-[ 編集]
かのんさん、こんにちは~\(^o^)/

そなんだ。。。携帯上手ってことは、きっとお若いのね・・・チョコは何せ、キーボードだったら入力ガンガンいけちゃうんだけど、携帯のあの文字が辛くって。。。ついついおっくうになっちゃってます。だからメールはPCにしてくれ~ってチングには伝えてます(笑)かのんさんも、ユリちゃん歴長いんだよね~。確かにあの時のユリちゃん、マニイッポ~だったもんね。一途な気持ちがさらによくて。。。イノクは一途な感じかな?さてはてどうなんだろう?とにもかくにも期待しちゃう「快刀 ホン・ギルドン」であります^^
この際だから待ち受け、着メロもいいですね^^
かのんさん担当ってことで。。。なーんちゃって(笑)チョコも少しはそちらの世界も旅してみようかなって思ってます^^
【2007/12/09 15:48】 URL | choco #-[ 編集]
hakoさん、こんにちは~\(^o^)/

いけない、いけない。。。hakoさんコメントを見落としておりました。。。n(_ _)n
それいいな。ユリちゃんの演技だけにオールインするのも。。。
チョコはすぐにあれ知りたい、これ知りたい病なので奥深く知りたがりなんですよね・・・熱しやすく奥深く。。。(笑)
あまり深みにはまらないようにと思いながらも、ユリちゃんは久々に心くすぐられてるので、このブログと共に楽しませてもらってます^^ほんとに今回は期待しすぎなくらい・・・こんなに楽しみに待つことって近年なかったことなんで燃えちゃいますヾ(*^▽^*)ノ萌え~ではなく燃え~!?!?
【2007/12/09 15:54】 URL | choco #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 お気に召すままチョコっとchocolat!, All rights reserved.