Recent entries
2008/12/31 (Wed) そして....

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ん~制作発表会が始まってますね^^
そわそわしちゃいますが、制作発表の記事を載せる前に、最近掲載してなかった「快刀 ホン・ギルドン」関係の記事をチョコっとご紹介します^^

ハイティーン スターチェ・スジ,快刀洪吉童びっくり出演

1224-1_20071226134942.jpg

'ファン・ジンヒ'史劇フンナム(暖かい若い男)チャン・グンソク,'快刀洪吉童'でカリスマ炸裂

80年代を代表するハイティーン スターチェ・スジが来る1月2日から放送するKBS ‘快刀洪吉童’(脚本ホン・ミラン,ホン・ジョンウン,演出イ・ジョンソプ,製作(株)オリーブナイン,ドリームチェル)にむいてカメオ電撃出演する。
最近あるアンケート調査で'また会いたい80~90年代俳優'で選ばれたりもしたチェ・スジは80年代後半に放送されたKBS ‘愛の花咲く木’で知的なイメージの米大韓生命の役割で多くの視聴者らの愛を受けながら,以後各種ドラマと映画で最高の人気を享受して突然の引退を宣言,ファンらの心を残念にさせた俳優だ。
‘ハイティーン スター’という言葉を作り出した程彼こそ青少年らの偶像だったチェ・スジは2004年にはMBC朝ドラマ'氷点'に主人公でテレビ劇場に復帰することもした。
今日では画家としてまた他の人生の道を歩いている。
(株)オリーブナインの広報担当者は"製作スタッフの粘り強い出演要請でチェ・スジ氏が1回にびっくり出演するようになった"として"今回のドラマでチャンフィの子役を生かして,代わりに死を迎える対応の役割で母性愛があふれる涙演技を視聴者らにお目見えしてくれるだろう”と明らかにした。
一方‘快刀洪吉童’は来る26日午後2時龍山(ヨンサン)CGVで製作発表会を持つ予定であり,来年1月2日水曜日夕方9時55分初放送される
デジタルニュースチームnewsinfo@hankyung.com 2007-12-24 23:07

元記事はこちら
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2007122429557

あともう2つ記事がありますが続きを読むでどうぞ^^

カン・ジファン‘快刀洪吉童’スタッフに防寒服クリスマス贈り物
[ニュースには] 2007年12月24日(月)午前11:23

1224-2_20071226141251.jpg

[ニュースにはキム・ミヨン記者]
‘フンナム’カン・ジファンがKBS 2TV間水木ドラマ‘快刀洪吉童’(脚本ホン・ミラン,ホン・ジョンウン/演出イ・ジョンソプ)のスタッフらにびっくりクリスマス贈り物をした。
カン・ジファンは寒い冬を過ごしながら苦労している,撮影するスタッフたちのために分厚い冬季用ジャンパー100余着をプレゼントして,スタッフらにプレゼントした。
‘快刀洪吉童’の週舞台の慶尚北道(キョンサンブクド),聞慶(ムンギョン)と安東(アンドン)は30分だけ立っていてもからだが縮む程風が鋭い。
これに‘愉快なまったく’カン・ジファンは防寒服をプレゼントしながら,自分の家族取りまとめに出た。
贈り物を受けたスタッフらは“思いがけない贈り物に暖かい年末を送れるようになった”として大笑いを作った。
現在活貧党の愚夫頭で民衆の英雄の洪吉童役を担ったカン・ジファンは疲れるスケジュールを消化しながらも,スタッフらを促しながら,リーダーの役割を正確にしている。
普段口数が少ないカン・ジファンだが,撮影場だけは愉快で親しい兄さん役割をしている。
こういうカン・ジファンの愛情せいで‘快刀洪吉童’の撮影現場は和気あいあいな雰囲気で進行している。
カン・ジファン他にもチャン・グンソク,ソン・ユリが出演する‘快刀洪吉童’はKBS 2TV水木ドラマ‘インスンは可愛い’後続で来年1月2日初放送される。
金ミヨンgrandmy@newsen.com

元記事はこちら
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20071224112351286e7&newssetid=83

2008年ブラウン管,俳優より'作家'戦い
[テイルリアン] 2007年12月25日(火)午後02:02


[テイルリアンソ・ニョンジ記者]億台製作費が投入されたラグジュアリードラマらがあふれて,いつの時より派手だった2007年テレビ劇場.
途方もないスケールを自慢するようにした作品に多くの俳優らが投入されて,主人公他にも新人演技者とカムバック俳優らが居間スターに新たに出たし,中堅俳優らも派手な注目をあびるなど俳優らにいつの時より'多くの機会が与えられた'幸せな年であった。
このような気勢をそのまま受け継いで,来年にもラグジュアリー大作らが視聴者らを探す。
大統領府,放送局,報道局を背景にした3編が専門職ドラマとして勝負を繰り広げるかと思えば,カーレーサーらの話を扱ったスポーツ ドラマ,新世代スターらを打ち出したコミックメロー物,フュージョン史劇まで多様なジャンルのドラマらが来年放映を目標で真っ最中製作中だ。

1225-1.jpg

スター級主人公キャスティングにだけ集中して,視聴率戦いで最も安全になる明らかなジャンルだけ固執する放送会社らの態度は以前より少ない。
作品の質と俳優らの演技力,製作環境まで皆‘最高水準’を維持,海外でも認められるほどの大きくて良い作品らが今年引き続き来年にも誕生するものと見られる。
2008年上半期ドラマ戦争が火花散る水準であることは火を見るように明らかな話.
俳優と製作スタッフに最も大きいストレスになったりもする視聴率戦いは一息入れるのが難しい程激しい接戦につながるようだ。
多様な作品の誕生がその原因でもあるが,何より芸能人劣らずスター待遇を受ける‘ヒット作家’らの新しい作品があふれる予定であるためだ。
先に視聴率はもちろんキャスティングされた'初心者'俳優らを皆スター級席にあげたホン・ミラン、ホン・ジョンウン作家の新しい作品KBS水木ミニシリーズ<快刀洪吉童>が来年2日初めてのテープを切る。
ホン・ミラン,ホン・ジョンウン作家は似たジャンルのフュージョン史劇<快傑春香>をすでに2年前に出しながら,大きく成功したし,主演俳優ジェヒとハン・チェヨンも居間スター席にあげた。
<快刀洪吉童>はすでにスター隊列にのぼったカン・ジファン,ソン・ユリ,チャン・グンソクが主人公を引き受けただけに若い世代居間ファンらの関心がすでに集まっている。
初めての放映から20%を突破,現在30%台視聴率を記録しているMBC医学ドラマ<ニューハート>きて正面対立するようになったが反戦の可能性が決してなくはない。
<快刀洪吉童>と同じ日初めての放送されて熱い接戦を繰り広げるSBS水木ドラマ<無頼漢>も作家の力を期待してみるほどの作品.
<愛してると言ってくれ> <春の日>等を執筆したキム・ギュワン作家が久しぶりにお目見えするドラマだ。
昨年<ありがとうございます>でカムバックに成功したチャン・ヒョクとイ・ダヘが主役を演じて<快刀洪吉童>劣らず若い視聴者らの耳目を引き寄せるものと見られる。
また<ホテルリオ> <オー!必勝ポンスニョン> <タルジャの春>等数多くのヒット作を誕生させたカン・ウンギョン作家の<ピチョンム>は来年2月放映される。
中国現地ロケ撮影など総80億ウォンの製作費が投入されたこの作品は‘第2の太王四神記’になるほどの作品と指折り数えられる2008年最高期待作だ。
'精通劇の代価'で呼ばれるキム・スヒョン作家はKBS週末劇<嫁全盛時代>後続で放映される<ママに角が生えた>でお目見えしながら,<ナドヤカンダ> <若草物語>等を執筆したハ・チョンオク作家がMBC新しい週末劇<天下一色薄情キム>(仮題)でキム・スヒョン作家と正面対立する。
この他にも<パリの恋人>で60%に達する視聴率を記録したヒット作家金ウンスクが久しぶりに乗り出した<オンエア>が来年2月末放映を控えており,<白い巨塔>で医学ドラマのブームをまた起こしたイ・ギウォン作家は報道局を背景で行われる話を扱ったドラマ<スポットライト>を来年2月お目見えする。
ベテラン作家らしい実力を自慢する'代価'らと新鮮な感覚が引き立って見える若い実力派作家らが熱い競争を繰り広げる来年テレビ劇場が視聴者らに最高の感動と興味をプレゼントしてくれるか成り行きが注目される。

元記事はこちら
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=13&articleid=20071225140215576h4&newssetid=85

とても気になる記事ですね。「快刀 ホン・ギルドン」は純粋に応援してみたい作品。ですが、他に出てくるドラマも脚本家で選べるほどたくさんそして魅力的な感じがいたします。
来年の作品は本当にいいものがたくさん出てきそうです^^

スポンサーサイト

テーマ:洪吉童 ホン・ギルドン - ジャンル:テレビ・ラジオ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat!, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。