Recent entries
2008/12/31 (Wed) そして....

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ユリちゃん記事、とてつもないほど韓国メディアに出ています。どれを紹介しようか抜粋するのも難しいくらい。。。ですが、ここではチョコ的視点で抜粋してご紹介したいと思います。
(チョコもやっと興奮状態から抜けつつあります。とにかく、こういう経験初めてなものですんごく期待しすぎてのぼせそうでした。。。)

新しくなったソン・ユリ, 演技力論議から脱しようか?

1226-N1.jpg

[世界ドットコム]"毎度作品をする度に演技力に対する部分は恐ろしい. アックプルも一つの関心だと思う."(*アックプル;インターネットなど他人があげた文に対して誹謗するとか悪口をする内容を記してあげた文章、言葉)

人気グループフィンクル出身の演技者ソン・ユリは多数の作品にもかかわらず '演技力論議'から自由ではなかった. KBS新しい水木ドラマ'快刀洪吉童'(脚本ホン・ミラン,ホン・ジョンウン,演出イ・ジョンソプ)でソン・ユリはその間イメージをぱっと変えて,単純無知なホ・イノク役でもう一度演技力評価を受けることになる.

26日午後 2時ソウル竜山CGVで開かれた '快刀ホン・ギルドン' 製作発表会に参加したソン・ユリは常に付きまとった演技力論議を多少淡淡と受け入れるようだった. 代わりに "前作でも多くの方々が初めに悪口を言いながら見たが, 終わって行く頃良い評価をしてくれていたんです. 今回ももそうだったら良いですね"と覚悟の返事をした.

2002年演技デビューをしたソン・ユリは歌手より演技者という呼称が慣れたが, 演技力論議は相変わらずだ。 また女性のイメージだけ浮び上がる役割だけ主にしてきたために多様なキャラクターを見せることもできなかった。

しかし今度演技するホイノックは今までして来た役目と正反対のキャラクターを見せてくれる. 男のように荒っぽくて激しい性格と腕白小僧のような行動,そこに男装をして通う. ソン・ユリは "千年の愛とフュージョン史劇とい点は似ているが, 理性的に演技したあの時と 180度変わった姿を見られます"と自信を持った. 引き続き "今まで見られなかった奇想天外な女性キャラクターをお目見えする予定だ"と覚悟を明らかにした.

屈辱と言うに値する場面もためらわずにやりこなした. 劇中胸ぐらをつかまえられて男俳優たちに足蹴にもあう. 地に落ちたパンのため悲しむ方法も知って, 障りない卑劣な言葉もこぼし出す. この日公開されたハイライト映像でもソン・ユリの気さくな腕白小僧キャラクターを確認することができた. 細部的な演技力までは 評価するには早いが少なくともイメージ変身には合格点だ.

前作以後自分の性格と似ている役目をしなさいという周りの助言にソン・ユリは "それでは肝が小さくてもどかしい女子大生役しかない"と自らを診断した. だから(自分とは正反対の)ホイノック役で新しい挑戦に出たのだ.

ソン・ユリは "過去には恥ずかしくてできなかった場面を 20代後半に入りながら遠慮なくできるようになった"と "過去に比べて自信も多くなったし, 自らに対する信頼も生じた"と説明した.

'コミック フュージョン史劇'を打ち出した '快刀ホン・ギルドン'は 'インスンイはきれいだ' 後続で来年 1月 2日初放映される.

/ファン・ソンウン記者,写真=パク・ヒョサン客員記者,,

記事入力 2007.12.26 (水) 20:01, 最終修正 2007.12.26 (水) 20:02

元記事はこちら
http://www.segye.com/Articles/NEWS/ENTERTAINMENTS/Article.asp?aid=20071226002632&subctg1=&subctg2=

この記事は複雑な気持ちのタイトルではありましたが、写真がとってもよかったことと、そして前向きなユリちゃんの姿勢が見れた事に心動かされたのでピックアップしました。

そしてまだまだ記事は続きます。。。続きを読むでどうぞ(*^^*)
次の記事も↑の記事と同じような記事なのですが、もうちょっと深く読めるところがありますのでピックアップしてます。今度は、何でこの写真なの?って感じですけど…(笑)

ソン・ユリ "壊れることも延期論議も恐ろしくない"

1226-N2.jpg

 "壊れることも, 演技力論議も恐ろしくない."

KBS2新しい水木ドラマ'快刀洪吉童'(ホン・ミラン,ホン・ジョンウン脚本・イ・ジョンソプ演出)であばずれホ・イノク役を担ったソン・ユリ(26)が気丈夫な覚悟を明らかにした. 26日午後ソウル竜山CGVで開かれたドラマ製作発表会で彼女は "多くの方が壊れることに対する心配がないかと尋ねていますがグループ ピンクルで活動する時からショープログラムでたくさん壊れてました"とし "むしろ生半可に壊れればつまらなくて屈辱的だと思ってそれがもっと心配です. キャラクターを充実にさせることです"と言った. 劇中でホ・イノクは男服が楽だとお爺さん綿入れのパジとマゴザなどをかけて自分の身分を知らないまま議員で詐欺師のハ老人の孫娘で流れ者生活をする単純・無知で食べ物の前では目がないキャラクターだ.

 ホ・イノクは自分の性格と 180度違うというソン・ユリは "普段私の性格とおりなら何も言わなくて肝が小さい女子大生みたいな役目を引き受けなければならないがそんなキャラクターには魅力が感じる事ができない"と "私は心にある言葉を直線的にできないのがコンプレックスなのにホ・イノクは中にある言葉を直線的に吐き出す正反対のキャラクターなので演技するのが楽しくておもしろい"と微笑んだ.

 出演作ごとに演技力論議があったが, 大きく???ないと言った. 彼女は "演技力論議は私が作品をする度に荷札のように付いて来るはずなのでむしろ平気だ. そんな論難が少しずつ減るのに満足する. 最善をつくしてさまざまなキャラクターをして見たい"と言った.

 ソン・ユリはカン・ジファン,チャン・グンソクなど同僚演技者と武術およびワイヤーアクションのために一ケ月半の間アクションスクールで玉の汗を流しながら汗ばむ楽しさを味わった. 撮影途中に足首を捻挫したりしたしワイヤーアクションの時はチョッキをとてもからだにぎゅっと引き締めて結んだせいで胸と背中の肉がくぼめる傷がついて泣いたこともあると言った. 来年 1月2日初放送するフュージョン史劇 '快刀ホン・ギルドン'がドラマデビュー作である SBS '千年の愛'を連想させるという話に "あの時は試験勉強することのように理性的にしたようだが今度は 'イノクならどのようにするだろうか?'と考えながら,感情に充実している"と "そのような努力のおかげなのか撮影場でスタッフにイノクと同じだという言葉をたくさん聞くほど同化されたようだ"と照れくさい顔をした.

ゾ・ヒョンジョン記者 hjcho@
2007/12/26 20:02 入力

元記事はこちら
http://www.sportsseoul.com/news/entertain/tv/071226/20071226104502744000.htm
なるほど、この写真は「快刀 ホン・ギルドン」がドラマデビュー作「千年の愛」を連想させるということで使ったのでしょうか?φ(・_・。 )フムフム。。。
ワイヤーアクションでできた傷に涙をしたというところ。。。とても読んでて辛かったです。。。

こちらはチャン・グンソク氏がインタビューの中でこんな発言を。。。(^^ゞ

チャン・グンソク, "ソン・ユリが明らかにした体重 48kg 信じられない"

カン・スンフン記者 tarophine@joynews24.com 写真リュ・ギヤン記者 ryu@joynews24.com

KBS2 新しい水木ドラマ '快刀ホン・ギルドン'に出演するチャン・グンソクが一緒に出演するソン・ユリが体重 48kgと言った言葉に対して "信じられない"と伝えた.

26日午後 2時ソウル竜山 CGVで KBS '快刀ホン・ギルドン'の製作発表会が開かれた. 製作発表会以後開かれた個別インタビューでチャン・グンソクは "劇中ホ・イノク(ソン・ユリ)が毒ガスを引き受けてヘロンヘロンになる場面がある. この場面で私がホ・イノクを抱いて出なければならなかったが腕が震えてひどい目に会った"と告白した.

1226-N3.jpg

チャン・グンソクは "普段にも体力一つは自信あると思ったが, ソン・ユリが主張する 48kgは信じられなかった. 初めには 48kgではなく 84kgではないかと言った"と返事した.

引き続き彼は "もちろん衣装の重さも相当だからある程度考慮するが48kgではないようだ"として説明した.

NGが何度も出てソン・ユリを抱いて出るのが大変だったのではないかと言う記者たちの質問にチャン・グンソクは "初カット, 初撮影の時からそうだった"と微笑んだ.

チャン・グンソクは '快刀ホン・ギルドン'でイ・チァンフィ役を引き受けた. イ・チァンフィ役はホン・ギルドン, ホ・イノクに比べて真剣でちょっと暗い役. このためにチャン・グンソクは初めてキャスティング提議を受けて少なからず悩んだと言う.

1226-N4.jpg

'快刀ホン・ギルドン'は '綺麗なあなた', 'ソウル 1945'のイ・ジョンソプ監督が演出を引き受けたし, 'ファンタスティック・カップル','マイガール','快傑春香(チュニャン)'などを執筆したホン・ミラン,ホン・ジョンウン姉妹が脚本を担当した。
カン・ジファン,ソン・ユリ,チャン・グンソクなどが出演する '快刀ホン・ギルドン'は来年 1月 2日 KBSを通じて始放映される.

元記事はこちら
http://joynews.inews24.com/php/news_view.php?g_menu=700800&g_serial=303481

これは個別インタビューでの発言?ユリ姉がもしとなりにいたら、どんなリアクションをしていたことでしょう。。。なんと、こんなにか細いユリちゃんが84kgですって~~~!?!?じゃあ、チョコは一体何キロになるっていうのよぉっ。。。ユリちゃんに関する話題のグンソク氏、ユリちゃん愛をたっぷり含めて話していたとするなら許します。。。(笑)

ソン・ユリ, `快刀ホン・ギルドン' 笑いながら作業しました

2007年 12月 26日 (水) 17:20:23 チェ・ビョンツンインターン記者 pressdot@newsway21.com

1226-97.jpg

▲ c。 チェ・ビョンツンインターン記者

【ソウル=ニュースウェイチェ・ビョンツンインターン記者】今日(26日) 午後ソウル竜山 CGVで開かれた 来る 1月 2日から KBSで放映される新しい水木ドラマ '快刀ホン・ギルドン'の製作発表会で ホ・イノク役を引き受けたソン・ユリに記者たちが撮影所感を問うと "笑って愉快に取った心が視聴者たちにも伝わったらと思います"と言いながらドラマに対する期待感をほのめかした.

元記事はこちら
http://www.newsway21.com/news/articleView.html?idxno=27077

はい。もちろん既に伝わっています^^
ユリちゃんのその気持ち。。。大事に受け止めてますよ~~~@*@~\(^O^)/~@*@

ソン・ユリ代役なしにワイヤーアクション“からだ傷のないところがない”
[2007-12-26 17:05:12]

1226-N6.jpg

[ニュースにはクル・ヒョヌ記者/写真チョン・ユジン記者]

ピンクル ソン・ユリがワイヤーアクションに対する困難を吐露した。
ソン・ユリは26日午後ソウル,ソウル竜山CGVで進行されたKBS 2TV新しい水木ドラマ‘快刀洪吉童’製作発表会で“その間アクション演技をしながらからだが丈夫なところがない。
ケガがたくさんあった”とため息をついた。
引き続き“休むうちに運動をしなかった。運動がそれほど好きな性格でもない”として“このドラマのためにアクションスクールで一ケ月半の間授業を受けた。初日五時間運動をしたが頭がぐるぐると回った”と話した。

また“この前ワイヤーアクションに挑戦した。保護チョッキを着るのにぎゅっと締めなければフォームが出なくて息をするのが難しいほど服を締めて着た”として“撮影が終わった後シャワーをする時に服をとてもぎゅっと締めたために下着バックルに肉が裂けていったことを知った。
‘私ががんばったんだね’と慰めた”と伝えた。

また“今はアクション演技にたくさん適応した。寒い気候に骨をケガすることだけ気を付ければ良い気がする”と付け加えた。

ソン・ユリは劇中男装女のおてんば少女ホ・イノクと自身の違う点を尋ねた質問に“私とは180度違う。最もうらやましいことは胸に閉じ込めておかないで堂々と話せる性格だ。
ホ・イノクにたくさんのことを習っている”と説明した。

一方ソン・ユリは1月2日初めての放送されるKBS 2TV ‘洪吉童’を通じて,1年余りぶりにブラウン管に復帰する。今年の初めKBS 2TV ‘雪の女王’で悲恋の女主人公を演技したソン・ユリは今回のドラマで男装女に扮する。ソン・ユリが演技するホ・イノクは名門両班家で生まれたが自身の身分と過去を知らないまま生きていく可愛いワルペ(暴れ者)だ。

ソン・ユリは代役なしに難しい武術演技も直接立ち向かう熱意を燃やしている。洪吉童に対するコミカルで人間的な再解釈を入れたKBS 2TV ‘快刀洪吉童’はソン・ユリの他にカン・ジファン,チャン・グンソクなどが出演する。初放送は1月2日

元記事はこちら
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=200712261645401001
この記事を読んでとても切なくなりました。。。体に食い込んだバックル?肉が引き裂かれる?こんなに可愛いユリちゃんがどうしてここまでして。。。。・゜゜・(>_<)・゜゜・。
他の記事ではこの傷んだ体を見て涙が出た。。。とまで書いてありました…
女優という仕事は本当に大変ですね。こんなに可愛くてもこんなに努力してお仕事して。。。
そんなユリちゃんの気持ちを思うとチョコもだら~んとしていられなくなります。
たくさんの努力をいつも見せてくれるユリちゃんに背中を押してもらい今日もハッスルしちゃいます~~~^^
本当に怪我だけには気をつけて。。。ますます頑張れ!なんてもう言いたくはないけど。。。
気丈にイノクをこなして、ドラマが終わるころには引っ込み思案なユリちゃんから解放されてるといいね。。。ユリちゃん、アジャ、アジャ、ファイティン!!!!! p(^^)q p(^^)q p(^^)q

カン・ジファン"クォン・サンウにはおよばなくて,服脱がなかった"
[スポーツ朝鮮] 2007年12月26日(水)午後05:08
1226-N7.jpg


カン・ジファンがまた一度フュージョン史劇でテレビ劇場に出場意向を示した。
ホン・ミラン-ホン・ジョンウン作家が執筆した'快刀洪吉童'で洪吉童役を担って,代役なしに全アクションを消化したカン・ジファンは古典小説の中の正しい生活男洪吉童から脱して見て生きている興味深いキャラクターでの洪吉童を作った。
カン・ジファンはソウル,龍山(ヨンサン)CGVで進行された'快刀洪吉童(脚本ホン・ミラン,ホン・ジョンウン,演出イ・ジョンソプ)'の製作報告会に参加して,3分の1ほど撮影が進行されたというドラマのエピソードを伝えた。
特に漫画的なキャラクターとして'道楽者'洪吉童の姿を見せたカン・ジファンは妓房を行き来しながら,二人の妓女と朝を迎える姿から相手演技者のソン・ユリを襲う姿までもはばからなず見せる予定だ。
そのために通常の俳優らのように上衣を脱いでびっくり登場すると思ったカン・ジファンは上下着を皆取りまとめて着た姿で表われて,むしろより一層怪しげな雰囲気を作ったりした。
これにカン・ジファンは"服を脱がないのはそらぞらしいのではないか"としながら"素晴らしい体クォン・サンウ氏のようにできなくて服を脱がなかった"と伝えて笑いをかもし出した。
カン・ジファンは数多くのアクションシーンを消化しながら,最も重要なのは"体力の補充"だったという。普通からだを作ろうとするなら蛋白質をたくさん摂取するべきなのに何より思い出すのがご飯と肉.そのためか筋肉質なからだが作られるどころかかえって"からだに自信がなくなって服を脱ぐことができなかった"と率直に付け加えた。
'快刀洪吉童'を撮影しながら,カン・ジファンは無数に,多くのアクションシーンを短期間内に消化しながら,危険千万な瞬間もたくさん体験したしフュージョン史劇に似合う洪吉童の姿を作り出すために衣装と小物も直接求めに通う熱意も見せている。
特に毎日山の中で撮影して時々撮影を休む時には直接小物を求めに通うほどだ。
そのためかホン・ミラン-ホン・ジョンウン作家やはりビジュアル的な面をだいぶ気に入るという。
ホン姉妹作家の信頼を受けながら,カン・ジファンだけの洪吉童を作り出すために努めているカン・ジファンはこのドラマ'快刀洪吉童'が"多くの史劇たち振るわれてもフュージョン史劇としての味を生かして,視聴者らにアピールできるようだ"として自信を表わした。
カン・ジファン,ソン・ユリ,チャン・グンソクが呼吸を合わせた'快刀洪吉童'は来る1月2日'インスンは綺麗だ'の後続作で初めて放送をするようになる。

元記事はこちら
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=2007122617080180433&newssetid=1352

ジファン氏のインタビューでしたがいかがでしたでしょうか?熱心にギルドンを演じる彼の姿勢にとても好感を持ちます。そして…気になるのはユリちゃんを襲うシーンがある!?!?ユリちゃんいわく小学校3年生くらいの悪がきイノクなのに、襲われちゃうの~~~???不可解だな。。。でもビジュアル的には可愛いから仕方ない??とにかく気になるジファン氏の下着姿・・・(^。^/)ウフンッ楽しませてくれそうですね^^
チョコは筋肉質よりもぷるんぷrんした感じの方が好きです~ジファン氏いい感じよん♪お肉とご飯いっぱい食べてね~~~セイノッ ⊂(^・^)⊃フレー \(~0~)/フレー

そしてそして記事はまだまだいっぱいあるのですが、チョコにも時間が限られててここらまでで一旦PCを離れたいと思います。
他に目を引いた記事としては、ジファン氏が相手女優選考の際にたくさん名が挙がっている中から自分はピンクルが好きとスタッフや監督に話したというエピソード。ジファン氏とゆりちゃん、二人の呼吸はいいようです^^
このエピソードについてはイノライフさんの記事にありました。

カン・ジファン、「ソン・ユリのキャスティングを密かに願った」 イノライフさんのページへ

あと衣装も何回も調整しながら相当手をかけているという監督の話。
制作発表会ではマイクの音がキーンとする場面あったり、照明が暗くていいお写真がとれないというクレームもあったり、会場に入りきれない人数押し寄せてたり。。。とそれこそアクプルチックな事をかいてあるところもありましたが、そんなの関係ねえ~って感じです。
メイン3人の俳優以外にも、キャストの方たくさん会見の席に来ていたようでとても良かったと思います。ユリちゃんの衣装がいつもの感じで目新しさがなかったのがちょっと残念ですが、、、これが刺激しかもワルペ役ですから。。。しょうがないですね。
衣装の楽しみは年末の演技大賞に持ち越しです^^ 
制作発表会お疲れ様でした!!! 初放送まで後6日。。。カウントダウンもここまで来たのね。
( 。)カンド-中。。。チョコ(;_;)ウルウル

1226-75.jpg

1226-92.jpg

1226-96.jpg

1226-5.jpg
スポンサーサイト

テーマ:ソン・ユリ - ジャンル:アイドル・芸能


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat!, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。