Recent entries
2008/12/31 (Wed) そして....

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


'ホン姉妹'バージョン'洪吉童',どのように違うだろうか?
2007-12-27 13:33:34

1227-3.jpg

[TVリポート] 'ケゴルチュニャン' 'マイコル' 'ファンタスティック・カップル'の'ホン姉妹'が戻った。
26日竜山(ヨンサン)CGVではホン・ミラン-ホン・ジョンウン姉妹の復帰作'快刀洪吉童'(演出イ・ジョンソプ,脚本ホン・ミラン,ホン・ジョンウン)製作発表会が開かれた。チョン・ヨンジュKBS社長,コ・デファ代表をはじめとして,約180人余りの記者らが参加して,洪吉童に対する関心を現わした。
この日最も関心を集めた大きい課題は俳優らの登場に先立ち公開された約20余分間ハイライト映像.すでに'快傑春香'を通じて,古典ひねることを試みたホン姉妹が洪吉童ではどんな変奏を試みたのか注目される部分.
15世紀朝鮮時代世宗(セジョン)の時を背景にしたホ・ギュンの小説洪吉童と違い'快刀洪吉童'は初場面からパワフルな打楽演奏と軽快なテクノ音楽, マンガ主人公を連想させる派手な衣装で現代版'ホン・ギルドン'の登場を知らせた。
主人公ギルドンのキャラクターではもじりの頂点に達する。'呼父呼兄'できない境遇はそのままだが,ギルドンの悩みは深刻に見えない。代わりに朝鮮時代しばしば見られるちょんまげの代わりに短髪と色眼鏡,現代化されたギルドンの外観が目を引く。また芸者屋をいつも出入りしながら,酒と女をむさぼって,けんかを日常行う姿は'無頼漢'(群れをなして横行する盗賊)そのものだ。階級矛盾が主要な仕組みであった原作とは違い軽快で溌刺とした想像力を付け加えたわけだ。
ホン・ギルドン役を引き受けたカン・ジファンはホ・ギュン原作の古典ホン・ギルドンが正しい生活男ならば'快刀ホン・ギルドン’はマンガ本ホン・ギルドンだと考えるのが一番速く近寄くようだと'離散' '王と私'など他の史劇が放送中だが,フュージョン史劇だけのおもしろい要素たちのために目新しい魅力を感じられることができると説明した。フュージョン史劇らしく原作と歴史的現実でくしを入れて出ていること.
これにイ・ジョンソプPDは視聴者らにお願いしたいのは'あれが史劇でどうして可能で','朝鮮時代にああしたのがどうして可能で'とする式で論理的に問い詰めて入るより私たちが作っておいた世界の中に気楽に入ってきて下さればと思うと歴史的論議を警戒した。
だがひたすらコミカルなことだけではないというのが俳優らの伝言.ホ・イノク役のソン・ユリは後半でますます各自痛みがあらわれるから思いっきり楽しみが沸くドラマではないとし,ストーリーががっちりしていて好きな部分が多いと明らかにした。軽快な劇的雰囲気の中に適切な感動を溶かして出すホン姉妹の力量を期待してみられるような項目だ。
'インスンはきれいだ'後続で新年1月2日放映されるフュージョン史劇'快刀ホン・ギルドン'は現在水木劇強者MBC 'ニューハート',同日初めての放映されるチャン・ヒョク-李ダヘ主演のSBS '無頼漢'と避けられない競争を控えている。'快刀ホン・ギルドン'が作品性と別個で視聴率に苦戦したKBSミニシリーズの脱出口となるのか関心が集まっている。
(写真='快刀ホン・ギルドン''製作発表会)[チョ・ホンス記者pillarcs3@pimedia.co.kr]
'ガイド&レビュー'放送専門インターネット メディア'TVリポート'

元記事はこちら
http://www.kbs.co.kr/magazine/news/newsview.html?Page=1&SearchColumn=&SearchValue=&atcidx=2580

スポンサーサイト

テーマ:洪吉童 ホン・ギルドン - ジャンル:テレビ・ラジオ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat!, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。