Recent entries
2008/12/31 (Wed) そして....

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨夜の12話は本当に...号泣しました...この記事を見てまた改めて涙のチョコです...
もう「マニャゲ」が聞こえてきたら駄目だね...車運転してても泣いちゃうチョコです...

本当に昨夜は出だしから...中盤から...終盤にかけても大洪水のチョコでした...

HD_ト襍オ_ネォア豬ソ[(053245)00-01-07]

イノク...その気持ち永遠に...純粋なままでいれるといいんだけど...

では記事をどうぞ(TーT)

ホン・ギルドン-ホ・イノク涙の抱擁シーンラブライン本格化
[ニュースエン] 2008年02月08日(金)午前08:40

0208-1.jpg

[ニュースエン キム・ミヨン記者]
“夢とも,おばけとも違う。モンチョンイ...”
7日放送されたKBS 2TV水木ドラマ‘快刀ホン・ギルドン’(脚本ホン・ミラン,ホン・ジョンウン/演出イ・ジョンソプ)ではホン・ギルドン(カン・ジファンの方)とホ・イノク(ソン・ユリの方)が1年ぶりに再会,涙の抱擁シーンを演出した。
この日放送では倉庫でシム・スグン(パク・サンウクの方)に会って酒を飲んだホ・イノクはホン・ギルドンが死んだものだと知ってそれに対する懐かしさを吐き出した。
ホ・イノクは“ギルドンを考えては絶対いけない”として“ギルドンが考えれば生きれない”と涙を流した。
引き続き“寝ることも出来なくてご飯も食べれないでずっと涙だけ出た”として“毎日キルドンが見られた”とわあわあ泣いた。
キルドンに対する心を育てたホ・イノクだったのでギルドンの死亡の便りを信じることができなかったのだ。
これを後ろから見守ったホン・ギルドンも涙を流しながら,ホ・イノクとの残念な運命に対してなげいた。
酒気勢に寝ついたホ・イノクをホン・ギルドンはそばで見守って席を離れた。
だがホ・イノクは目覚めてホン・ギルドンのぬくみを感じては倉庫の外に飛び出した。
ホン・ギルドンの後ろ姿を見たホ・イノクは“本当にギルドンだろう?”としてうれしさの涙を流した。
死んだものだと思っていたホン・ギルドンが自身の前にいようホ・イノクは“夢ではないんだけど。..夢か?”としていぶかしがって,ホン・ギルドンは堅く閉じた口を開いた。
ホン・ギルドンは“夢でも,おばけでもない”として“モンチョンイ”と迂回的に自身の複雑な心境を表現した。
結局自身の感情を持て余すことも出来ないホ・イノクは一歩にキルドンに走って行って,彼を力いっぱい抱いた。
号泣して泣くホ・イノクをきつく抱いてあげることができないホン・ギルドンの残念に思う心がテレビ劇場に伝えられながら,正月連休を涙海で作った。
一方来週放送される‘快刀ホン・ギルドン’にはホン・ギルドンの存在を分かってしまったホ・イノクの葛藤が放送されながら,二人のラブラインが本格的に始まる。
キム・ミヨンgrandmy@newsen.com

元記事はこちら
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20080208084048325e7&newssetid=83
リアルではしっかりと見えなかったんだけど...スグンとイノクがお酒飲んでて...イノクの切ない気持をあれこれと話していた時...ギルドン涙を流していたんだね...
それを改めて発見して...チョコ感動...この場面もう一度お届けしたいけど
そういうわけにいかなくなったので...この記事で...思い出してね...(ノ_・、)グスン

ここのシーンぴょんこさんがセリフ書いててくれたけど...セリフの意味わかんなくてもギルドンがモンチョンイって言っただけでチョコ洪水だったのに...イノクのセリフがわかったらますます号泣じゃないですかぁ~~~。・゜゜・(>_<)・゜゜・。
しかもイノクのワンワン言ってたあの泣き方がもう...ただ事じゃなくて...
だけど、イノクにまわすギルドンの手の力なさが確かに気にはなったけど...
だけど、ここで会えただけでもうれしかった...イノクもこれからどんどん切なくなってまさに
「マニャゲ」の歌詞のような...行くにも行かれず、来てほしくても来たらどうしていいか分かんないそんな切ない恋になっていくのかな...
胸キュンがギュンギュンいちゃって...心がはちきれそうでした...

そして...こちらはチャンフィ記事です

‘快刀ホン・ギルドン’三角愛本格化 チャンフィ,イノクに心開く[ニュースエン] 2008年02月08日(金)午前10:09

0208-2.jpg

[ニュースエン キム・ミヨン記者]
チャンフィ(チャン・グンソクの方)の告白がイノク(ソン・ユリの方)を紛らわしくさせた。
7日放送されたKBS 2TV水木ドラマ‘快刀ホン・ギルドン’(脚本ホン・ミラン,ホン・ジョンウン/演出イ・ジョンソプ) 12回ではベールに包まれた神秘主義チャンフィがいよいよイノクに心を開いた。
イノクを探し振りみだしたチャンフィは目の前にイノクを見て,わっと抱いて“お前を失いたくない”と告白した。
またホン・ギルドン(カン・ジファンの方)が死んだと思っているイノクにホン・ギルドンの存在をわざわざ隠した。
また幼い時兄クァンフィ(チョ・ヒボンの方)の王位登板で死の危機を迎えたチャンフィはその以後から自身の存在を隠しながら通った。
これに自身の名前さえたやすく他人に公開しなかった。
しかしこの日チャンフィはイノクだけには心の扉を開いて自身の存在を知らせた。
また市場通りをイノクと共に散策しながら,デートをした。
イノクの話によって笑いを取り戻したチャンフィはいよいよイノクに関心を直接的に表わした。
するとイノクは“ひょっとして私好きですか?”としていぶかしいといった。
だがチャンフィは恥ずかしい笑いで返事の代わりをした。
チャンフィが世の中に生まれて,初めて心の扉を開いたイノク.
しかしイノクは死んだものだと分かったホン・ギルドンと再会しながら,また他の展開を予告した。
これから彼らの愛情ラインがどのように進行されるのか多くの人々の帰趨が注目されている。
キム・ミヨンgrandmy@newsen.com

元記事はこちら
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20080208100935419e7&newssetid=83

チャンフィはイノクに何と言って直接的に関心を打ち明けたの?
聞きとれないのはあたりまえだけど...まったくわからなかったわ...
市場通りのシーンで少女時代の「小さな船」がかかった時...
アンデ~~~と思ったのはチョコだけかな...てっきりイノクとギルドンのテーマ曲だとおもっていただけに。。。
ここでかかったら駄目だよ~~っておもちゃった。
でも楽しそうな二人のデート?(イノクはデートだなんて思いもしないだろうな)
そんな仲良く歩く二人はとても見ていて微笑ましかったけど...
チャンフィが笑えば笑うほど...あとに切ないものがありそうで...怖いなぁ...

スポンサーサイト

テーマ:洪吉童 ホン・ギルドン - ジャンル:テレビ・ラジオ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat!, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。