Recent entries
2008/12/31 (Wed) そして....

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チョコ的なんちゃって聞き取りによるユリちゃん中心のレビューです^^
第20話になりました.....

20-cap0-080.jpg

イノクの涙も....チョコの涙も止まりません.......

とにかく衝撃的だった19話...あれ以上衝撃的な事はないと思いたかったけど...
20話も聞き取りにくい会話もいっぱいあったけど...ユリちゃんを見ていたらそんな事も忘れて
イノクになりきれるのです~~~
今回はチョコ的レビューの更新が遅くなりましたのでいくつかのメディアニュース拝見後のレビューになっていますn(_ _)n



20-cap0-001.jpg

自らのしたことに我が目を疑うイノク....

20-cap0-002.jpg

剣を下ろした先は吏判のはずなのに....そこには最愛の彼がいた.....

snapshot20080307210203.jpg

「ホ・イノク.....」ギルドンの声に....

snapshot20080307210115.jpg

怒りの暴挙の中から抜け出した剣....

20-cap0-005.jpg

ただ震えるばかりのイノクに....

snapshot20080307210444.jpg

「ホ・イノク.... ナ ケンチャナ(俺は大丈夫だ)」というギルドンは優しくつぶやくが....

20-cap0-007.jpg

「ケンチャンチガ アナ.... ネガ... ネガ ノル....(大丈夫じゃない....私が... 私があなたを...)」と言う
イノクの言葉は....辛く...心に響いた...

20-cap0-006.jpg

ギルドンの胸に飛び込むこともできず後ずさりするイノクが....

20-cap0-007.jpg

本当にたまらなく可哀相で...

20-cap0-008.jpg

そしてやはりイノクは気絶してしまった...この日3度目の気絶....イノクは本当に常軌を逸していた....

snapshot20080307211300.jpg

イノクを抱えたのはギルドンではなく公子(コンジャ)であった....
イノクは...ギルドンの元に飛び込むこともできず、ギルドンは彼女を抱えることもできなくなってしまっていた...

snapshot20080307211457.jpg

公子の厳しい目つきとは裏腹なギルドンのこの哀れな表情が....本当の現実を物語っていた....

20-cap0-011.jpg

イノクは籠に載せられ客主へと運ばれて行った....

20-cap1-006.jpg

イノクが去った後、吏判を介抱したギルドンだったが、吏判の厳しい言葉は続いていた....

20-cap1-007.jpg

ギルドンはイノクの代わりに自分が何かをすると言っていたようだったが何をすると言ったのかは聞き取れなかった...

20-cap1-005.jpg

外でこっそりそのやりとりを聞いていた公子の目の厳しさが背筋をぞくぞくとさせた...
公子もこの一件でギルドンに対する思いが変わっていくのだろうか....

20-cap0-012.jpg

安らかに眠るイノク...子供が寝ているように...本当に純粋に寝ているイノク...

20-cap0-013.jpg

その傍には公子が居た...イノクに謝る公子....

snapshot20080307213617.jpg

イノクを見つめる公子の目が....胸に焼きつく...

snapshot20080307213625.jpg

ギルドンは布巾着を握りしめていた...

snapshot20080307213754.jpg

新しく刺繍された赤い花は...あの時ホ老人と一緒に買い物したあの赤い糸で縫ってある...(TーT)

snapshot20080307213941.jpg

イノクはハラボジのお墓に来ていた... 布巾着のシーンの後にお墓のシーン.....
かつてギルドンの母のお墓にこの布巾着を持ちうれしそうに報告していたイノクも思い出されて...
尚辛いものがある.....

20-cap0-017.jpg

「ウリハラボジハ ヨギイッソ....(私のおじいさんはここにいる)」というイノクに...
「心の準備ができれば本当のハラボジに会おう」と言う公子だったが....

20-cap0-020.jpg

「何が問題なのかわからない...おじいさんは死んだのに本当のおじいさんは生きているなんて...ホ・イノクとして生きてきたのにリュ・イノクだなんて....」

snapshot20080307214640.jpg

「そうだおまえはホ・イノクではない リュ・イノクなのだ....」

20-cap0-022.jpg

「わかっている...ギルドンは????なんだね ホ・イノクは運がいいけど リュ・イノクは本当に運がないね...一生懸命考えて見る ゆっくりと一生懸命考えて見る...」

20-cap0-023.jpg

「帰ろう...体に良くない...」と声をかける公子に...

20-cap0-025.jpg

「行きたくない あなたはただ帰って...」というイノクだった.... 

snapshot20080307215637.jpg

イノクは何度となく山砦近くの村に足を運んでいた...

snapshot20080307215711.jpg

遠くからギルドンを探すしかできない....

snapshot20080307215858.jpg

王はギルドンを捕まえようと必死であった

snapshot20080307215903.jpg

受けて立つギルドン...しかしギルドンの民心を得たその力は王をも黙らせるものがあった...

snapshot20080307220010.jpg

遅れて駆け付けた吏判...彼の眼に見えたもの....

snapshot20080307220057.jpg

それは愛しき我が息子 ホン・ギルドンと...

snapshot20080307220104.jpg

生涯をかけて守り続けてきた 王 クァンフィ であった... これを最後に吏判の目は何も見えなくなってしまう....
ハ・スナ記者のレビューを見てわかったことだが...庶子として生まれてきた子ギルドンを庶子ではあるがホン判書の支えにより王という座につくことのできたクァンフィに重ねて見ていたのか....クァンフィを支えることでこの世の中の不合理を変えたかったのか...吏判の思惑は違う方へ違う方へと行ってしまったが、思いだしてみればいつも王の行動を戒めたり、遮ってきたのもホ判書だった。
自分の思う世の中をどうしても作れない王に対し常に助言をし続けたホ判書の心の中は恐らく満たされていなかったに違いない....

snapshot20080307220140.jpg

民に囲まれ激励を受けるギルドン率いる活貧党員たち....

snapshot20080307220218.jpg

それを見守っていた公子がいた....しかしどうやら公子の雰囲気は怪しさが漂っている気がした...

20-cap0-027.jpg

公子だけではない...イノクもいた....

snapshot20080307222048.jpg

ギルドンへと近寄ることのできない距離がそこにはあった....

20-cap0-029.jpg

ただ眺める事しかできない...

snapshot20080307222132.jpg

そしてそんなイノクを見守る事しかできない公子もいた.....

snapshot20080307222211.jpg

スグンに前にコッサスンを見かけたという話を聞いたギルドン...

snapshot20080307222247.jpg

必死に探しまわるその姿に愛を感じずにはいられない....

20-cap0-030.jpg

だけどイノクはその場を立ち去っていた....

snapshot20080307222632.jpg

こんなにイノクを探しまわるギルドンを初めて見た...いつかイノクがギルドンを探し求めていた
あの場面が重なって見てた...本当に必死にイノクを探すギルドンの姿が...痛々しい....

snapshot20080307222847.jpg

だが...探し当てたのは...

snapshot20080307222927.jpg

公子だった...

20-cap0-033.jpg

公子の問いかけにうなずくことでしかできないイノク...言葉を押し殺したその姿が痛いほど切ない...

snapshot20080307223003.jpg

イノクを探し出せないギルドン....

snapshot20080307223025.jpg

「どれだけ遠くに居るんだ....まぬけ....」ギルドンのつぶやきが本当に苦しく胸に響く....
こんなに辛い「モンチョンイ」という言葉は初めて聞いたかもしれない...

snapshot20080307223605.jpg

客主に帰って話をする二人...

20-cap0-038.jpg

イノクは 「大丈夫じゃない 本当に大丈夫じゃないけど 自分はクッパおばさんたちみたいに幽霊になって死んだりしない。ただリュ・イノクとして生きてギルドンを遠くから見ていたい。すべて見てすべて見たからもういい.....リュ・イノクのハラボジと合わせて欲しい.....」

20-cap0-042.jpg

とうとうイノクはリュ・イノクとなることを決心した

snapshot20080307224150.jpg

リュ・イノクとなることはやはり大変な事だからと制止する公子だったが...

20-cap0-041.jpg

ホ・イノクではだめだからリュ・イノクとなってギルドンを遠くから見ていたい 公子といればギルドンと一緒にいるのと同じでしょ.... 口から出てくるのは「ギルドン」その言葉ばかりのイノクだった...

snapshot20080307224601.jpg

本当にやるせない公子がそこに居た...

20-cap0-043.jpg

本当のハラボジに会うイノク...

20-cap0-044.jpg

まったく表情がない....

20-cap0-046.jpg

こうすることでしか生きる道を選べないイノクがそこには居た....

snapshot20080307225048.jpg

ノ客主の前髪は今までもこんなに長くぺったりとしていただろうか....やたらめったら長くていつになくピタッとしているように思えた....

20-cap0-047.jpg

ノ客主により新たなミッションへと引きづられるイノク...

20-cap0-050.jpg

リュ・イノクへと変わっていく....

20-cap0-051.jpg

イノクは....

20-cap0-052.jpg

ちょっとウネアガシのように見えた....(笑)

20-cap0-055.jpg

あの頭に付けるモチーフはどうも納得がいかない...

20-cap0-058.jpg

だけどそれが当時のお嬢様のステイタスなのだろうか....ウーン (Θ_Θ;)

20-cap0-056.jpg

イノクは大君を擁護する両班に紹介されることとなった...

20-cap0-060.jpg

リアル視聴の時は気付かなかったが....その手にはギルドンからプレゼントされたプクロプタ防止用サングラスがあった....(TーT)

snapshot20080307230237.jpg

公子とギルドンの会話....全く聞いててもつかめないよ~(TーT)

snapshot20080307230451.jpg

そこへ吏判がやってきた...

snapshot20080307230533.jpg

「私がどうなっても息子だと出るな,私はそれを許諾することもうれしがることもないだろう」(メディア記事より...)

snapshot20080307230624.jpg

「お前が作った世の中がくればその時は親父と墓は探しても良い。そのような世の中を作る前まで私の前に現れるな」(メディア記事より...)

snapshot20080307230647.jpg

ギルドンに伝えたかった最後の言葉は吏判から確実に伝えられた....

snapshot20080307230835.jpg

王に会いに行こうとする吏判はどこか心が晴れやかなそういう雰囲気も感じられて...
「私は最後に自分の目で真実を見た..(.!?!?かなりなんちゃって訳)」ここのシーンは言葉がわからずとも何かを感じられた場面であった....

snapshot20080307231554.jpg

王とそして廷臣の前で死をもって償うと宣言...

snapshot20080307231602.jpg

信じられtない王...

snapshot20080307231648.jpg

権力の核心も.....

snapshot20080307231709.jpg

吏判の行動は....皆を混乱させた...

snapshot20080307232354.jpg

吏判の処刑の日...

20-cap1-018.jpg

昔を思い出す王がやるせなく思えた....

当時聡明な跡継ぎであったクァンフィはホン判書に"私は出身の卑しいことで私を無視して見下す彼らに見られるためにでも良い王になることだね。
君主の私が卑しさを打破って立上がった時,国民らもそんなにできないか"と話した。
これにホン判書は彼に忠誠を誓った。

(記事より抜粋)

snapshot20080307232634.jpg

目は見えないはずなのに...我が息子の気配を感じる吏判..

snapshot20080307232649.jpg

見つめあっているわけではないのに、まさに見つめあっているようなこの親子の姿は...実に苦しく....

snapshot20080307232855.jpg

あのように高尚で、素晴しかった吏判の無残な死を前に....

snapshot20080307232902.jpg

「アボジ.....」 この言葉を聞いただけで洪水のように涙が出る...

snapshot20080307232933.jpg

ギルドンの父に対する思いがフラッシュバックする...

snapshot20080307232941.jpg

公子はそんなギルドンをじっと見つめる....

snapshot20080307233025.jpg

その公子の目線の先に居たイノク...

snapshot20080307233038.jpg

ぼろ泣きのギルドンと...

20-cap0-063.jpg

こちらも涙のイノクが....

20-cap1-034.jpg

こんなに近くに居るのに... 手の届かない間になってしまっている苦しさが本当に辛すぎて....

snapshot20080307233955.jpg

常にそんな二人を見守るだけの公子は....彼らと同じ程いや、それ以上苦しいに違いない...

snapshot20080307234055.jpg

あの日以来に話をする二人...

20-cap0-066.jpg

ギルドンには言葉はなく...イノクからの言葉が続いた....

20-cap0-069.jpg

「私はリュ・イノクだから...これで本当に一緒に行く事は出来ない.だけど、遠くから見守っているから....なぜなら...私はあなたにずっと会いたいから....」

snapshot20080307234841.jpg

言葉の出ないギルドン....

20-cap0-070.jpg

ギルドンに近寄るイノクは...

20-cap0-071.jpg

あの日自分の手で傷つけてしまったギルドンの傷に手をあてた....

snapshot20080307235146.jpg

言葉が出ないギルドンが...見ていて辛すぎる....

20-cap0-072.jpg

イノクがここで言ってた事が気になる... チョコ的解釈が全く違うような気がするからここでは書けない~~~(TーT)

snapshot20080307235146.jpg

ギルドンには十分すぎるほどイノクの気持ちがわかって...

snapshot20080307235644.jpg

言葉にできないギルドンはこうやって手を握り返すしかできなくて...

その手を自らほどいて去って行こうとするイノクを....

20-cap0-075.jpg

行かせたくないギルドン....

20-cap0-076.jpg

こうすることでしか気持ちを表わせる事が出来ないギルドン...

20-cap0-077.jpg

痛いほどに....

20-cap0-078.jpg

何も言わずただ抱きしめるだけのギルドン...

20-cap0-079.jpg

涙をどんなに流しても...報われるなんてことはないから....

20-cap0-080.jpg

瞳を閉じて....

20-cap0-081.jpg

でも目を開けると...

20-cap0-082.jpg

またイノクは一人になってて....

20-cap0-083.jpg

「モンチョンイ....」 

20-cap0-084.jpg

その言葉が耳から離れない....

snapshot20080308001329.jpg

公子はイノクの元を訪ねる...

snapshot20080308001253.jpg

その寝顔を見つめるが...

20-cap0-085.jpg

イノクはギルドンの夢にうなされていた...

20-cap1-043.jpg

「イノガ お願いだから 私を 一度だけ...一度だけ...見てくれないか....」
公子のこの涙ながらの懇願は...違う意味での涙を誘う....

20-cap0-086.jpg

公子の気持ちは...

20-cap0-087.jpg

もう止められる事はなかった...

20-cap0-089.jpg

こんな悲しいキスを...

20-cap0-090.jpg

どうやって受け止めたらいいのか....イノクの知らないところでまたひとつキスが増えた....

20-cap1-047.jpg

だけど....ギルドンが...

20-cap1-048.jpg

この巾着袋を...

20-cap1-049.jpg

手放すなんて....

snapshot20080308002541.jpg

アンデ~~~

20-cap1-052.jpg

そんなの嫌だよ...ギルドン...嫌だよ~~~~!!!!!

もう...最後の放心状態は言うにも語ろうにも...触れたくもないような話で...
ギルドンのそういう終止符的な行動が...
信じられなくて...
21話からの「快刀 ホン・ギルドン」 またこの別れから何年か経ってしまうのでしょうか....

19話.そして20話は...チョコの韓国ドラマ史上...予想だにしない展開で...レビューも本当に書くのがつらかったです....。・゜゜・(>_<)・゜゜・。

以上で20話レビュー終わりですn(_ _)n

スポンサーサイト

テーマ:ソン・ユリ - ジャンル:アイドル・芸能




巾着を手放して・・・ホ・イノクの葬儀でもしたつもりでしょうか!?ギルドン父も彼を王にしたことで世の中を変えたかった?ギルドンのために?でも彼は王の器では無かった・・・。プレッシャーには勝てなかったもんね。初心を貫けず狂気の王に変貌してしまった。ギルドン父の目指す世界とは程遠い・・・。目指す世の中の建設を息子ギルドンに託して旅立った?なんだか~考えれば考えるほど どっぷりと奥の深いドラマで・・。ギルドンもイノクも公子も自分じゃどうにもならない糸に絡まってしまったようですね。3人の中じゃ公子が一番 自分のためだけに生きる!って難しいね。ノ客主がいる限り・・彼女を裏切ることは出来ないもの。


【2008/03/08 12:22】 URL | 浦島きなみ #-[ 編集]
chocoさんが聞き取れなかった場面のせりふです

-ギルドンと吏判の対話-

이판 :
왜 막은 게냐?
그 아이를 위한다면 막지 말았어야 했다.
난 다시 그 아이를 잡아야만 한다.

길동 :
나으리께서 끝까지 잡고 놓지 못하는 그 분을 지키기 위해서입니까?
보았습니다.
수많은 사람을 베고 없애서 지켜드리는 왕이 어떤 사람인지
제 눈으로 똑똑히 보았습니다.

이판 :
누가 뭐래도 그 분은 이 나라 조선의 임금이시고, 난 그 분을 섬겨야 하는 신하다.

길동 :
제가 보기에 그 분은 이 나라의 백성을 괴롭히는 미친 폭군이고,
나으리는 그 폭정을 곁에서 지켜보는 비겁한 간신이십니다.

이판 :
그래서 너는 대군을 새로운 성군으로 받들고 그 분을 지키는 충신이 되겠다는 거냐?

길동 :
잘못 아셨습니다.
저는 나으리 처럼 왕의 신하가 되어 받들고 지키려는 것이 아닙니다.
왕이 가장 두려워하는 백성이 되어 왕을 세우고 그가 우리를 지키게 할 것입니다.

창휘 :
... (ぬすみぎきする)

길동 :
오늘 이녹이가 겨눈 칼날은 제가 나으리의 아들로서 막아야만 했습니다.
대신 제가 그 착한 멍청이를 돌아버리게 한 아버지 당신의 세상을 겨눌 것입니다.

창휘 : ... (去る)

이판 :
가거라.


-ギルドンとチャンフィの対話-

길동 :
상서가 올라오고 유생들이 벌 떼같이 움직인다고 들었다.
산 하나 홀랑 태운다고 할땐 한마디도 안하더니,
사인검에 새겨진 글자 몇개가 대단하긴 하다.

창휘 :
이 나라의 왕은 그렇게 결정되는 거다.
어찌됐든 왜 나인가라는 답은 오직 그것 하나야.
너 역시도, 내가 대군이기에 왕이 되어야 한다는 걸 받아 들인것 아닌가?

길동 :
맞습니다. 대군.
지금은 가장 현실적인 길을 찾아 너라는 정통성 빵빵한 대군을 밀고 있는 거야.

창휘 :
현실적인 선택.
역시 넌 나를 주군으로 모시는 것도, 따르는 것도 아니오, 선택이라 여기는군.

길동 :
하지만 그걸 빼고도 대군은 제법 괜찮은 사람이야.
잊지마. 자신감을 가져.

창휘 :
이일이 불거지면 너의 아버지는 살아남기 힘들거다.
니 아비가 자신의 목숨으로 널 다시 불러내려 할 것이야.
그 땐 어쩔거냐?

そして吏判が訪問

-最後のイノクとギルドン-

이녹 :
난 너한테 미안하다고 못해.
울지 말라고도 못해.
난... 류이녹이니깐.
이제 정말. 가까이선 볼수 없어.
그래도 멀리서 지켜보고 있을께.
왜냐면 난 니가 계속 보고 싶으니깐.
곁에서 위로가 될수는 없지만,
항상 니 안부가 궁금할 거야.
언제나 무사해야해.
【2008/03/09 00:14】 URL | 玄羽 #ixhng8Ec[ 編集]
個人的にはイノクとギルドンが切ないが、
イノクがチャンフィにとても残忍ですね。
ギルドンとともにしながらイノクあなたと一緒にすると言ったチャンフィに、
チャンフィを通じてギルドンと共にすると言ったのはとても残忍です。
初めはチャンフィは女性ファンが多かったがどんどん男ファンが多くなるようです。

ギルドンとチャンフィが今は一緒に行ってもお互いに行く道が違うから、
ギルドンとチャンフィが別れればイノクはチャンフィを去ってギルドンに行くようですね。

そしてこのドラマは正統史劇ではないから登場人物たちの複色はその時代の物とは差があります。
【2008/03/09 00:41】 URL | 玄羽 #ixhng8Ec[ 編集]
chocoさ~んv-356
さぞレビュー書きながら辛かったことと想います。。。
ハジマンとってもありがたかったですe-466
レビューノムわかりやすいし、何よりchocoさんのキモチが伝わって
同感するコトもあったりうれしいんですe-266
この曲のイントロが流れる時点でもう涙溢れます。。。v-406
はぁ。。。胸が締め付けられたようにツライですe-270
【2008/03/09 00:57】 URL | くり #-[ 編集]
浦島さまへ....

きなみさん~~(TーT)(TーT)(TーT)
19.20話はほんとリアルで見て欲しかったです~(TーT)
あんなに一生懸命私達やってきたのに...ご一緒できなくて...残念です...来週は水曜日のみの放送、最終話は3/26になるとのことです^^最後は一緒に感動を分かち合いましょうね!!!

玄羽さんへ...

感動しました...セリフをありがとうございます...
必死に20話の台本だとかセリフだとかを探しています...あまりにもわからない所だらけだったので...ここの場面だけでもしっかり分かって本当に感激です^^
玄羽さんは、以前からチャンフィとイノクが結ばれるといいと言われていましたよね?チャンフィの愛はそのまま一方通行で終わるのかな...いつか別れが来たときにどういう別れ方になるのか...興味深々です...ギルドンとの決別はでもそう遠くなさそうですね...イノクとは...どうなのでしょうね...

くりさんへ...

最近すごく涙もろいチョコです。もうギルドンの7話くらいから泣けない回はないくらい泣き続けてきていますから、レビュー書いてても泣いちゃうし、音楽聴いても泣いちゃうし、ちょっとのことですぐにほろっとくるようになってしまいました...
同感できるところ皆さんと一緒にもっともっと語らいたいですね~ほんとに...

【2008/03/09 07:51】 URL | choco #-[ 編集]
え!?今週は1話なの?私にとっては ラッキーな事件だわ~~15話から浦島な私・・・ラスト2話しか間に合わないかと思っていたのに~おまけがついて幸せ気分です。パソコンの予備の必要性を痛感できた この約1月・・・。だけど~初めてのパソコンちゃんだったので古いのは無いし・・・周りの人は持って無いし~~あぁ~もうすぐギルドンとイノクに会える!と思うとワクワクしちゃいます。
【2008/03/10 11:45】 URL | きなみ #-[ 編集]
きなみさん~~

浦島の苗字が消えたと思ったら...復活だったんですね~~~
でも今後も浦島さんでもいいけど...(笑)
ちょっとずつ、せっかくなのでじっくりと見ていってくださいね~
本当にあれから素晴らしいストーリーの連続ですので...もうきなみさんが浦島からギルドン廃人になっていかれることと思います~~~^^

【2008/03/11 09:13】 URL | choco #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat!, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。