Recent entries
2008/12/31 (Wed) そして....

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


KBS公式HPではいろいろと更新されているようです....

0307main_img01[1]

(KBS公式HP表紙写真より....)




まずは...記事から...

‘快刀..’チャン・グンソク,片思い胸焼けにキスまでこっそりと~?!

<快刀ホン・ギルドン>がギルドン(カン・ジファンの方)とイノク(ソン・ユリの方)の濃いキスシーンに続き今回はチャンフィ(チャン・グンソクの方)とイノクのキスシーンを予告しながら,視聴者らの期待感を増幅させている。
ドラマが始まった後視聴者らはギルドンとイノクのラブラインを支持するところギル-ノクラインとチャンフィとイノクのラブラインを支持するフィ-ノクラインに分けられて,劇中イノクの反応により悲喜が交差してきた。
その間ギルドンに一片丹心のイノクに自身の心を表現さえできないチャンフィを見ながら残念さに耐えなかったファンらは,イノクをギルドンに送りながらも,後でだけでも彼女を守るために気を遣うチャンフィの姿を胸が痛くながめなければならなかった。

0307-01.jpg

△チャンフィ(チャン・グンソクの方)-イノク(ソン・ユリの方)のキス,果たして形成されるだろうか...?(20部予告映像中)
そのような状況で,昨日放送でイノクとギルドンの家が敵同士という事実が明らかになることによってその間順調だったギル-ノクラインが致命打にあった時点で,チャンフィがイノクの傷をさわってくれることだと予想される中で形成されたキスシーンなのでより一層好奇心を刺激している。
しかし視聴者らはフィ-ノクカップルのキスを歓迎しながらも,それが寝ついたイノクにチャンフィがこっそりと試みることだから一方では残念だという反応.
視聴者らはドラマ公式ホームページ視聴者掲示板を通して,“チャンフィが口を合わせようとする時,イノクがゆめうつつに‘ギルドン’を呼べばどうしようか心配になる。”,“チャンフィのキスシーン,とても悲しい。”というものの文を載せながら,予告篇だけでは信じることができないという意見を伝えると同時に,キスをするとしても胸が痛いキスがよいと思うとし,心配を前面に出している。
兄に奪われた王位を取り戻すために復讐の刀を研ぎながら生きてきたチャンフィが王になる前にイノクの心からひきつけられるか関心が注目される中で,今日放送される20部で果たしてフィサビカップルのキスシーンが成功できるのか正常放送で確認しましょう。
<快刀ホン・ギルドン>は毎週数,木曜日夜9時55分にKBS2TVを通して放送される。
2008.03.06


20話が放映される前の記事だったようです...視聴者の不安は的中して公子(コンジャ)の切ないキスの前にやはりイノクは夢の中でギルドンを追い求めていました....この悲しすぎる公子のキスを何と表現すればよいのでしょう...
イノクがギルドンを思うのと同じくらいいや、それ以上の気持ちを抱いてしかもそれを胸に押し殺して持ち続ける公子がとても痛ましく思えた...一度だけ...一度だけ俺を見てくれという公子のセリフは...本当に苦しくてたまりません....だけど....ミアネ公子.....
イノクの幸せを祈らせてください...... チョンマル....ミアネ公子.........

‘快刀..’キル・ヨンウ悲壮な最後に君も私も涙ジャージャー~!

<快刀ホン・ギルドン>が水木ドラマの最強者で人気を追い込んでいるなかで,昨日放送された20部も名場面を誕生させながら,視聴者らの心を打った。
昨日放送ではギルドン(カン・ジファンの方)のお父さんホン判書(キル・ヨンウの方)が自ら過ぎた日の誤りをかぶって死を迎える場面が放送されながら,テレビ劇場を涙で数を数えた。
庶子出身のクァンフィ(チョ・ヒボンの方)と結託して,イノク(ソン・ユリの方)のお父さんリュ・クンチャンとチャンフィ(チャン・グンソクの方)を死に追いやった張本人だった彼が罪悪感で生きてきた過ぎた歳月を整理すると同時に王の罰まで担って死を迎えることにしたこと。
彼が死を控えてギルドンを訪ねて行って,強硬に渡した話が意味深長だ。
“ギルドンが君は最後まで私の息子でない....私がどうなっても息子だと出てはならない。私はそれを許諾することもうれしがることもないだろう。”
最後までギルドンにお父さんという称号を許諾しなかったけれどその中にはホン・ギルドンを真の息子で世の中を正しく立て直す真の英雄と認定したホン判書の深い真意が含まれていたこと。

0307-02.jpg

△ 6日放送された<快刀ホン・ギルドン> 20部名場面
ホン判書をあたかも両親のように信じて頼ったクァンフィがやむを得ずホン判書に毒薬をおろして,死を迎える彼をとても見ることも出来ない自分の宮中で嗚咽する場面は劇中悪役を引き受けた二人であっても分かってみればそれなりの傷を持った弱い人間という点が浮び上がりながら,同情心と憐憫をかもし出した。
お父さんの死を涙で見守るほかはなかったギルドンとそのようなギルドンを見ながら,涙流すイノク,彼らをながめるチャンフィやはり視聴者らの胸を泣かせた。
視聴者らはドラマ公式ホームページ視聴者掲示板を通して“クァンフィの嗚咽に,ホン判書の死に,キルドンの涙に...結局声出して泣いてしまった。”,“憎く見られた王とホン判書のために私が泣くようになるとは...”等の所感を伝えながら,悲しみでゆすいで出られずにいる。
チャンフィの王位奪還とギルドン,イノク,チャンフィ三人の胸辛い恋の結末の残る時点でこれから<快刀ホン・ギルドン>が視聴者らにまたどんな重たい感動をプレゼントするのか期待が集められている。
KBS2 <快刀ホン・ギルドン>は毎週水,木曜日夜9時55分に放送される。
2008.03.07


KBS HPでもこの話題を取り上げてくれてうれしいチョコ...
視聴者の所感のとおり、この悪役二人の気持ちを考えるなんて事はなかった視聴者が初めてその苦しい気持ちを感じたときに流す涙はやはり人として生きていく辛さをみな抱えているんだということを知らしめてくれる...傷を持たない人なんかいなくて...でもその傷を抱えながら人として全うに生きていく姿をギルドンを通して描いてくれている...決して王のように、ホン判書のようにしてはいけないんだと...きっとそう伝えてくれている....人を許す心をギルドンとイノクとチャンフィを通してこれから描いてくれることを期待せずにはいられない....是非、憎しみを捨ててすべてを許して素直な気持ちで愛を分かち合える日を....そういう日が来る事を期待したい.....(TーT)

それから~~~またまた撮影場で起きたこと更新されています^^
今回はユリちゃんいっぱい~公子いっぱい~~~でもギルドンがオプソ~~(TーT)

424519[1]

是非是非こちら 撮影場で起きたこと 日本語翻訳ページ にてどうぞ~^^

そしてそしてフォトギャラリーもまたまた~~(*^^*)

130004069_L.jpg

フォトギャラリー 日本語翻訳ページ

イノクが満面の笑みでまた戻ってこられますように....プッタッケ~~~(TーT)....チョコ涙の懇願....

スポンサーサイト

テーマ:洪吉童 ホン・ギルドン - ジャンル:テレビ・ラジオ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat!, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。