Recent entries
2008/12/31 (Wed) そして....

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イノクについて書かれた記事...そしてまたまたハ・スナ記者の記事...たくさんですが読み応えがあります...(TーT)






‘快刀ホン・ギルドン’子供の世界からおとなの世界へ越えてきたイノク
[ニュースエン] 2008年03月07日(金)午前07:00

0307-6.jpg
0307-7.jpg

[ニュースエン チョ・ウンギョン記者]
KBS 2TV水木ドラマ'快刀ホン・ギルドン'でイノク(ソン・ユリ)は現実を最もよけていた人物だ。
実際身分は前兵曹判書リュ・クンチャン大御所の一つだけである一人娘だが,自身の身分でも懇意な友によって,殺害された両親の悲劇をしらないまま詐欺師薬屋ホ老人(チョン・ギュス)の孫娘に飛び交いながら生きてきた。
イノクは耐えるに重い現実を消していたので誰より自由なことができた。
またみじめな過去を記憶できないので自覚する悲しみも,垂らすことも暗いこともなかった。
そのように現実を知らない幼い子供のように単純で明るいイノクは複雑な内面を持った二人の男ギルドン(カン・ジファン)とチャンフィ(チャン・グンソク)にまぬけ,バカあるいは変な者で感じられたりもしたが一方には偽善と不条理にぎっしり埋まった現実に深々と傷つく二人の男を抱く安息所で守ってくれる純粋の世界でもあった。
ホ老人とチャンフィがイノクの悲劇を知るようになった時もとても彼女に知らせられなかった心は違わない。
特に両親の悲劇的な死を記憶する者は自身が誰なのか骨にしみるほど彫りながら,闇を垂らして買わなければならないということをよく知っていたチャンフィは耐えがたい重さの現実をイノクに知らせたくなかった。
しかし過去を忘れてホ・イノクで生きるようにしてあげたホ老人の突然の死はイノクを現実という悲劇の中に引き入れる。
ホ老人の死の前に自身を自ら叱責しながら,茫然自失したイノクが知るようになった現実は地獄と同じだ。
愛するギルドンのお父さんがホ老人だけでなく彼女の両親まで無惨に殺害したという現実を夢とし不正もしてみるがホ・イノクになれないイノクはこれ以上純粋の世界に留まれない。
瞬間頭の中が‘バンと’さく烈してしまったイノクは訳もなく刃物を振り回しながら,ギルドンのお父さんホン判書(キル・ヨンウ)に走り込んだ。
隠しておいた内面の悲劇の中に陥ったイノクは何も見られなくて何の考えもできなかったことだ。
この時精神を置いて悪鬼に変わってしまったイノクを防いで立ったことはギルドンだった。
イノクはギルドンのお父さんを切るために打ち下ろした刃物でギルドンを刺した後に置いた精神を探す。
イノクは我を忘れて振り回した自身の刃物に突かれたギルドン,狂った王が置いた火を防いだギルドン,不条理な社会中で無気力に住んできた弱い彼らの心を動かしたギルドンを思い出させながら考えてまた考え始めた。
そして苦心の末にイノクが下ろした結論は人で生きるということだ。
復讐のために刀を持っておばけになってしまった白丁の母らの姿を繰り返さないということだ。
何よりギルドンと最後まで一緒にしたいという心がより一層確かだった。
ホ・イノクでそばにありえないがリュ・イノクという存在がギルドンが夢見る世の中に一歩近づけるように助けを与えられるならばそれだけで意味があると考えた。
このようにイノクは‘快刀ホン・ギルドン’が描く現実に最も最後に入った人物だ。
そのようなイノクが向き合う現実は一面耐えがたい重さを持った。
それで精神を置いて愛するギルドンに刃物を振り回す程痛恨の成長痛を抱かれる。
そのように子供の世の中でおとなの世の中に越えてきたイノクに現実は以前のように単純で明るいだけではないこともある。
それでもイノクに不条理な世の中を変えれることができるという意志と真剣な省察を抱かれたという点で‘快刀ホン・ギルドン’が描く現実は暗いだけではない。
チョ・ウンギョンhelloey@newsen.com
 

元記事はこちら ニュースエン

ニュースエンというメディアはいつもドラマのレビューを記事にして出してくれます。ここでは最近パク記者の記事がメインであったのですが、実はチョコは今回のチェ記者の記事が以前から気になっていました。ハ・スナ記者と共にですね...ですが最近なかったんですよね....記事が全然上がってなくて...だからその名前を目にしたとき興奮しちゃいました...
そしてやはり記事の内容がよかったですね^^ 20話のリアル視聴では感じ取れなかった内容がたくさんあって目から鱗です。そういう風にイノクは言っていたとわかってまた涙ぐみます...
改めて...イノクがこれからどんな大人として成長していくのか...あと4話でどこまで成長していくのか楽しみです.....

リュ・イノクなったイノク,ついにギルドンに離別宣言しながら,涙ジャージャー
[2008-03-07 10:08:05]

0307-5.jpg

[ニュースエン パク・セヨン記者]
まぬけ ホ・イノクの夫ギルドンとリュ・イノクになったイノクがついに決別を迎えた。
6日放送されたKBS 2TV '快刀ホン・ギルドン' 20回でイノクは20余年間生きてきたホ・イノクとしての人生を捨ててリュ・イノクで生きることに決心した。
自身の出生にからまった秘密とギルドン家との関係などその全てのものを知るようになったイノクはこれ以上何も知らないまぬけ ホ・イノクで生きることはない。
19回放送末自身の両親とホ老人(チョン・ギュスの方)を殺した敵がギルドンのお父さんのホン判書(キル・ヨンウの方)という事実を知るようになったイノク(ソン・ユリの方)は理性を失って刃物を振り回して,それ位にギルドン(カン・ジファンの方)を刺してしまった。
気を取り戻したイノクが後ずさりをする足取りぐらいギルドンとイノクの距離は遠ざかってしまった。
受け入れるのが難しいが受け入れるほかはない数多くの状況らはイノクをアイデンティティーの混乱へと率いたし,ギルドンを刺したという罪悪感と再び彼と一緒にできないという悲しみでイノクは苦しいだけだ。
一方ギルドンはクァンフィ(チョ・ヒボンの方)の活貧党を助ける馬川山住民たちを皆燃やしてしまえとの狂気漂う命令から国民らを救って英雄になった。
さらに多い国民らの称賛を受けるようになった活貧党主ギルドンを遠い足元でながめたイノク.
ギルドンに対する尊敬心を自ら確認したイノクはチャンフィ(チャン・グンソクの方)に"理性を失った私をキルドンが食い止めた"として"また人で生きる"ときっぱりと話した。
イノクはチャンフィに"火を付ける王を防ぐキルドンを見て感じました。やはりキルドンと共に行きたい"ながらもこれ以上ギルドンのそばにありえない現実を直視して"もうホ・イノクで共にすることができないからリュ・イノクになって,公子のそばにありながら,キルドンと共に行きます"と決然と念を押した。
一方ホン判書はすべての過去を告白して謝辞される最後の瞬間まで王に対する衷心を見せた。
お父さんの死の前に何もできないギルドン.
だがリュ・イノクになったイノクはお父さんを失ったギルドンに申し訳ないという話も,泣かないといった話もすることができない。
ギルドンと会ったイノクは"今は近くでは見られないが遠くから見守っていますね。なぜならば私はあなたをずっと見たいから"と話して,悲しみをかもし出した。
引き続き自身が出したギルドンの胸傷に手をつけたイノクは"君のそばで慰労になることにはならないが常に君の安否が気になるの"として涙を流した。
ギルドンは何の話もなくイノクの手をじっと捉えたがイノクは"いつも無事でなければならなくて"と話しながら,手を取り出して背を向けた。
だがギルドンは背を向けるイノクを抱きしめたまま涙を流した。
もうこれ以上一緒にできないギルドンとイノクの残念な姿に視聴者らは共に泣いた。
卑怯な現実に目を開いて不条理をなくす過程にこれ以上ホ・イノクでなくリュ・イノクで生きることを決心したイノク,もうこれ以上ギルドンから"まぬけ"という愛の呼称を聞けないイノクはもうギルドンと違った場所で一方向をながめるようになった。
ギルドンはやはりホ・イノクが刺繍した布巾着をにぎりながら,ホ・イノクを胸中に付いて視聴者らの悲しみを加えた。
放送後視聴者らは"涙で前が見えなく見えられなかった" "ギルドンとイノクはもうこれ以上だめなのか"として彼らの胸が痛い離別場面に共に泣いた。
これから'快刀ホン・ギルドン' 4回が残ったこの時点,悲劇的な運命に処したギルドンとイノクの関係がどのように展開するのか視聴者らの関心が集中している。
パク・セヨンpsyon@newsen.com

元記事はこちら ニュースエン

今回のパク記者の記事もよかったですね...
読んでてやはりまた涙がでてしまいました。イノクの言葉がずしりと心に響きます...
イノクはあの時こんな話をしていたんだね...
ホ・イノクではギルドンの傍に居られない....リュ・イノクであれば見守ることができる...
懺悔の気持ちが伝わってきて...だけど、自責の念を持つそのイノクの姿が辛いし...
あの場で一言も何も話せなかったギルドンが....
思いだされてなりません(TーT)

カン・ジファン涙好演‘快刀ホン・ギルドン’詰めの水木劇1位牽引
[2008-03-07 14:12:06]

0307-8.jpg

[ニュースエン パク・セヨン記者]
'カン・キルドン'カン・ジファンの涙が視聴者らの胸を濡らした。
放映終了を4回程度残したKBS 2TV水木ドラマ'快刀ホン・ギルドン'(脚本ホン・ジョンウン,ホン・ミラン/演出イ・ジョンソプ)の主人公‘ホン・ギルドン’カン・ジファンの熱演に多くの視聴者らが絶賛を惜しまないでいる。
6日放送された20回でホン・ギルドン(カン・ジファンの方)はお父さん(キル・ヨンウの方)の死に言葉がない涙を,そして今はリュ・イノクになって,これ以上同じ席で一緒にできなくなってしまったホ・イノク(ソン・ユリの方)を抱きしめたまま胸が痛い涙を流してしまった。
乱世の英雄ホン・ギルドンに扮して,熱演を繰り広げてきたカン・ジファンのこの日涙を見た多くのネチズンらはインターネット視聴者掲示板を通して“本当に胸が痛かった。序盤コミカルだったイメージとは違い悲しみに蹴った表情にドラマを見る終始心が残念だった” “カン・ジファンの感情演技にドラマを見ながら,それ位に涙を流してしまった”と所感を上げた。
製作会社(株)オリーブナインのある関係者は“カン・ジファン,ソン・ユリ,チャン・グンソクなど主人公らと共にチョ・ヒボン(クァンフィ役),キル・ヨンウ(ホン判書役)等助演演技者らの熱演に多くの視聴者らの熱い賛辞を送っている”として“‘快刀ホン・ギルドン’が放送以後から着実に愛を受けるあるにはこのような演技者らの好演があったので可能だった”と明らかにした。
一方視聴率調査会社AGBニルソンメディアリサーチによれば‘快刀ホン・ギルドン’ 20回は16.9%の視聴率を,同時間帯放送されたSBS ‘オンエア’とMBC ‘どなたですか?’ 2回は各々14.4%,10.7%視聴率を記録した。
パク・セヨンpsyon@newsen.com

元記事はこちら ニュースエン

カン・ジファン氏の涙...本当に素敵ですよね...いつもその涙にいろいろな意味を感じることができます....
特にコミカルな演技を今までふんだんに演出してきていただけにこういう核心部分の演技が光ってくるのもあるのでしょうか...そして助演俳優陣の名演技も捨てておけません・・・
チョコがファンになってしまったホン判書、そしてイノクのハラボジホ老人、ヘミョン僧侶もそうです。
ノ客主、左議政(権力の核心)活貧党の仲間たち...公子(コンジャ)とその取り巻きの面々...
みんなの顔が浮かんでくるほどキャラクターがちゃんと描かれていて...ストーリーが各々キャラクターにしっかりとあって....魅力的に描かれています。

そして...最後にまたまたハ・スナ記者の記事です^^



'快刀ホン・ギルドン'視聴者泣かせた'ギルドンvsクァンフィ涙'
[パイメディア] 2008年03月07日(金)午前11:14

[TVリポート] KBS2 '快刀ホン・ギルドン'がホン判書(キル・ヨンウ)の死を放送した中でカン・ジファンとチョ・ヒボンの色他の涙場面が居間ファンらの心を打った。
ホン判書の庶子出身息子ホン・ギルドン(カン・ジファン)とホン判書が最後まで守ろうと思った庶子出身王クァンフィ(チョ・ヒボン)がホン版での死をながめながら流した涙風景はこの日の省けない名場面に広く知られている。

0307-9.jpg

ホン・ギルドン カン・ジファンの涙1すじ

ホン判書は死ぬ前にギルドンを訪ねてきて,自身の息子だと出るなと釘を刺した。
ギルドンが作った良い世の中がくればその時は自身の墓は探しても良いと話すホン判書.
ギルドンは一生庶子の自身を無視してきたと信じていたが実際はより大きい愛を抱いていたことを知るようになった。
毒薬を受けるお父さんの姿を隠れて見守りながら,涙1すじでお父さんに対する愛憎を表出するカン・ジファンの節制された表情演技が圧巻だ。
ある視聴者は"吏判が毒薬を受けた時キルドンの涙がまだかすかだ"として"号泣や嗚咽でなく静かに立って涙を流す姿にお父さんに対する愛憎と恨めしさが表現されて,本当にリアルだった。"と評した。

0307-10.jpg

クァンフィ チョ・ヒボンの嗚咽

庶子出身兄王クァンフィはホン判書のまた他の息子というに値する。
庶子の自身を信じて引っ張ってくれたホン判書に毒薬をおろして苦しさに嗚咽するクァンフィの涙がこの日の胸じいんとすることを加えた。
庶子の彼を王で立てたホン判書の希望と別に,出身の限界を越えて,良い王になってくれることも出来ないクァンフィ.
ホン判書と良い世の中を作ると念を押した過去を回想しながら,一人で孤独にしくしく泣いてついに号泣する姿は彼のキャラクターに対する痛ましさと共感をかもし出すのに充分だった。
その間弟を殺したという罪悪感で埋めた彼の痛みが'狂気'に浮び上がったとすればこの日放送では誰より人間的な姿を'涙'に表わしながら,キャラクターの魅力により一層力をのせた。
(写真=放送画面中)[ハ・スナ記者mongz11@pimeida.co.kr]

元記事はこちら パイメディア

本当にハ・スナ記者の記事は読みごたえがあっていいですね^^
よくわかるんですね...なるほどそうなのよ~って感じで...しかも言葉がいいんですよね~そういう表現したいけどできないチョコにとってはとてもいいんです~^^
チョコが何を伝えなくてもこの記事だけ読めば十分です~^^

以上...「快刀 ホン・ギルドン」第20話に関する記事を抜粋してお伝えしました...
スポンサーサイト

テーマ:洪吉童 ホン・ギルドン - ジャンル:テレビ・ラジオ




chocoさん、こんにちは。

上記の記事を読みながら、またウルウルしてしまいました。e-445
寝ても覚めてもいろんな場面が頭を巡り、これで私もすっかりギルドン廃人。

クァンフィ王がそんな志をもって王位についていたなんて、
ギル父がその志の後押しをし王を支えていたなんて。
王も悲しすぎる現実に押しつぶされていたんですね。父もギルドンも同じ世の中を見つめていたのに。
知らなかったとはいえ、憎んだりしてゴメンナサイ、吏判。

それにしてもユリちゃんの演技すごかったですね。
大らかだったイノクが復讐に満ちた表情に変わり、鋭い視線、怒りの涙、ギルドンを想うせつない瞳。あの狂気の叫びは胸を打ちました。
私的にはコンジャの見せ場があまりなくてチョットざんねんなトコロも…i-241
19,20話は1時間20分ほどあってビックリしました。あと4話。
どんな展開になるのでしょう?
来週は水曜日だけなんですか?そして最終回のあとはSPもi-198
【2008/03/08 18:41】 URL | minmin #30fgCp76[ 編集]
チョコさんどうも。

忙しくリアル視聴できなかったのですが、すごい事になっていてかおりん驚きなんですけど~~@@:
何だか微妙に話しについていけてなくてヤバイ・・と思いチョコさんのレビュー見てYouTubeで見てなんとか追いついてますがあまりの凄さにかおりん動揺中・・・。
(大丈夫なの??かおりんついていけてるの??)

あまりに悲しすぎて号泣のおりんです~~。ユリちゃんの演技に感動しまくり涙・涙の現在進行形です。

イノクもギルドンもチャンフィも皆がそれぞれ辛すぎて切ないですわ~~(泣)
ギルドンとイノクはハッピーエンドになってほしいです。
ユリちゃんのこんな悲しい涙は見たくないよ・・・。あんなに明るいイノクだったのに・・すっかりおちゃめなギルドン&イノクはいませんでしたね・・・。

出演者の人は改めていい人ばかりと実感です。カン・ジファンの涙もいいです。ハラボジの死は悲しかった・・・何気に好きだったので。

でも、何よりユリちゃんの演技、表情全てに拍手喝采です!!!

とにかくまだ興奮がさめやらずコメントも何をどう書いていいか分からないかおりんです^^:

あと4回・・・何とかついていくのでチョコさん、宜しくです^^

【2008/03/08 23:59】 URL | かおりん #-[ 編集]
minminさんへ...

ユリちゃんの演技爆発していますね...
本当に...こんなに感情表現する日常ではないだろうに...素敵な女優さんにどんどん成長されている姿を見ていて感じずにはいられません...コンジャのシーン、、、、悲しすぎるキスでした。イノクは一度でもコンジャに向き合う日が来るでしょうか?とても可能性が低いように思えますが二人の関係がどう描かれていくかも...あと4話の中の見どころですね...

かおりん~~(TーT)

ついてきて~~絶対にどんなに忙しくても~~~で、どこまで忙しいの?メール送ったけどちゃんと見てくれてる?お返事がなくてチョコ寂しいです~~是非メールチェックしてお返事ください~~待ってるから~~~!!!絶対だよ...
かおりんとは本当に好みのタイプが似てるのかな...吏判もホ老人もチョコ的にもう大好き...あとはイニョンかな...吏判がいなくなった後のイニョンがすごく気になります...(*^^*)


【2008/03/09 07:56】 URL | choco #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat!, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。