Recent entries
2008/12/31 (Wed) そして....

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニュースエンの終映特集まだまだ続きます^^






‘不滅のホン・ギルドン’ギルーノク夫婦“尊敬する(チョンギョンハンダ),愛する(サランハンダ)”(放映終了5)
[2008-03-27 07:28:47]

0327-005.jpg

0327-006.jpg

[ニュースエン パク・セヨン記者]

花は負けても香は残るように,ギルドンは死んだがギルドンの精神は永遠不滅する。

26日放送されたKBS 2TV '快刀ホン・ギルドン'最終回では朝鮮時代を飛び越えて,現代に至るまで永遠に生きて息をしているホン・ギルドンと活貧党の精神が意味があるように描かれた。

新しい世の中を開くためにある道を歩いたギルドン(カン・ジファンの方)とチャンフィ(チャン・グンソクの方)はお互いが指向する世の中が調和を作り出せないからついに対抗するようになった。彼らの間に置かれていたイノク(ソン・ユリの方)は結局ギルドンの世の中を選ぶことによって身分の貴賎がないユートピアのような活貧党に戻って,国民らが主人になる世の中を作っていった。

だが朝鮮社会すべての民の夢の活貧党は夢のように消えてしまった。空に数を数える美しい火の矢は翌日惨めに酸化されてしまった活貧党のための最後の贈り物だったこと.そのようにギルドン イノク,スグン(パク・サンウクの方)マルリョ(チャ・ヒョンジョンの方)ヨン氏(ムン・セユンの方)をはじめ,活貧党の主人の国民らは亡くなった。

だがホン・ギルドンと活貧党の精神はコミ(メン・セチャンの方)とヘミョン僧侶(チョン・ウンピョの方)により第2,3のホン・ギルドンに伝授されて,後代まで続きながら,現代にも生きて息をする'不滅のホン・ギルドン'に描かれた。

去る1月2日初めての放送を始めた'快刀ホン・ギルドン'は3月26日放送された24回まで駆け付けながら,各種パロディと社会風刺を初め,劇中多様な装置を通して,フュージョン史劇の真髄を見せながら,視聴者らの愛を受けた。

放送序盤フュージョン史劇スタイルに習熟でない視聴者らには多少見慣れない'漫画'のような場面一色だった'快刀ホン・ギルドン'はいつのまに漫画を見てさらに愉快ながらも貴重なお話を解いていきながら'大切なのを自ら守る'ということの意味を悩むようにさせることもした。

一方多くの視聴者らの関心事であったギルーノク,フィーノク ラブラインは結局24回放送分でギルドンとイノクが結ばれることで仕上げされた。劇序盤から尋常でなく展開したギルドン-イノク-チャンフィの三角関係はイノクが自身の心を確認してチャンフィのそばを離れて,ギルドンに走って行くことで整理された。

互いに'アイラブユー'とする間であることを知るようになったギルドンとイノクはたびたび"まぬけ" "尊敬する"という言葉をやり取りしながら純粋な愛を描いて行ったし,26日最終回放送で描かれた生の最後の瞬間にはお互いの手を強くとらえて"愛している"をささやいて美しくて悲しい愛の絶頂を見せた。

だが'快刀ホン・ギルドン'は主人公のギルドン-イノク-チャンフィの三角ラブラインだけでなく彼らそれぞれのキャラクターらが成長していく過程を柔軟に描き出して,一方の'成長ドラマ'を連想させる。庶子という身分の限界に至って挫折した漢陽の道楽者だったギルドンはいつのまに活貧党の党首で進んで国民らの王になったし,四寅剣の密旨を盲従した嫡統大君チャンフィはたとえ既存秩序を維持しようと思ったが民の力で作られた真の王という何か悟るようになった。

また汚れがつかない純粋ワルペイノクは世の中の不条理な真実に目を開きながら,真に正しい世の中が何か自ら悟っていった。これで彼ら三人は既存世の中の不条理さを悟って国民らが真の主人になる,正しい新しい世の中に対する省察を能動的にしていきながら,一層成熟した自我を持つようになったのだ。

一方26日24回を最後に放映終了された'快刀ホン・ギルドン'の惜しみをなだめるために27日午後9時55分には'快刀ホン・ギルドン スペシャル'が放送される。

パク・セヨンpsyon@newsen.com

元記事はこちら ニュースエン

‘快刀ホン・ギルドン’南大門全焼でエンディングシーン撮影場所変更された(放映終了6)
[2008-03-27 07:38:14]

0327-006.jpg

0327-009.jpg

[ニュースエン チョ・ウンギョン記者]

より現実的で人間的な新しい時代英雄物語を描いたKBS 2TV水木ドラマ'快刀ホン・ギルドン'の最終回エンディング場面は低い人々の中に一緒にしながらより良い世の中のために戦ったギルドンが(カン・ジファン)現時代にも相変らず生きているということを見せることで締めくくった。

この場面は2008年現在を生きていく多様な人々の姿をスケッチした映像と共に高層ビルディング上に一人で立ったギルドンを見せることで仕上げされた。

'快刀ホン・ギルドン'のホン・ジョンウン,ホン・ミラン姉妹作家は最近ニュースエンとのインタビューで“ホン・ギルドンが現時代にも相変らず生きているということを見せるエンディング場面を望んで,南大門(ナムデムン)で撮影する予定だった”と明らかにした。

ホン・ジョンウン-ミランという姉妹作家は“南大門(ナムデムン)は新・旧の調和が形成される最適の場所だ。だからホン・ギルドンが現時代にも相変らず生きているということを象徴的に見せるドラマのエンディング場面を南大門(ナムデムン)で撮影するつもりだった。だが南大門(ナムデムン)が残念に全焼しながら,撮影場所を永登浦(ヨンドンポ)路に変えるほかはなかった”と打ち明けた。

一方26日放映終了(最終回24回)ある'快刀ホン・ギルドン'は視聴者らの呼応に力づけられて,27日スペシャル放送を通して,ドラマNG場面をはじめとして,し終えることができなかった話などが公開される。

チョ・ウンギョンhelloey@newsen.com

元記事はこちら ニュースエン

カン・ジファンの再発見‘ホン・ギルドン’無限潜在力発散した(放映終了7)
[2008-03-27 12:09:16]

0327-010.jpg

[ニュースエン パク・セヨン記者]

26日最終回(24回)で放映終了したKBS 2TV '快刀ホン・ギルドン'はフュージョン史劇らしい派手な場面と社会諷刺的要素らが加味されて,原典の栗島(ユルド)国と同じ'夢の空間'を土台に私たちが指向しなければならない間世の中の典型を描き出した。

だが'快刀ホン・ギルドン'は宝石のような俳優らの再発見の場であったとしても言い過ぎでない。からだにぴったり合う服を着たように溌刺として純粋なイノクを演技して,演技力論議を寝かしたソン・ユリだけでなくチャンフィ役を担ったチャン・グンソクはカリスマあふれる目つき演技を消化しながら,成人演技に完ぺきに適応したという評価を受けた。

狂人になった王クァンフィの目つきと表情はもちろん胸中深いところの傷まで全身で演技やり遂げたチョ・ヒボン他にも愉快で個性あふれる活貧党前党首スグンキャラクターを演技したパク・サンウクなどは'快刀ホン・ギルドン'を通じて,名前三文字を大衆に刻印させた。

だが'カン・キルドン'カン・ジファンやはり省けない'快刀ホン・ギルドン'の再発見俳優1号だ。カン・ジファンは主人公ホン・ギルドンでくやしくて,コミックと真摯を行き来する演技をお目見えしながら,視聴者らに愉快な笑いと涙をプレゼントした。一瞬オーバーらしいようながらも自然なカン・ジファンの演技はフュージョン史劇を標ぼうした'快刀ホン・ギルドン'とよく交わって,作品の魅力を倍加させたという評価を受けている。

庶子という身分の限界に至って挫折した漢陽の道楽者ギルドンは朝鮮の土に蔓延した不正を目撃して世の中を変えてみると一歩ずつ進みながら,活貧党の党首で進んで結局国民らの'王'になった。カン・ジファンはこのようなギルドンの成長期をはやくない歩みで描き出して,視聴者らの共感を引き出した。

特にカン・ジファンは劇中お父さんホン判書(キル・ヨンウの方)との対立を描いていく過程で"目で演技るようだ"という好評を引き出すほど草木が水分を吸い上げた目つき,涙演技をお目見えした。

2002年ミュージカルで演技者の道に足を踏み出したカン・ジファンは2005年MBC '頑張れクムスン'で愉快だが純愛好き愛するクムスンの守護天使ク・ジェヒ役に視聴者らの挨拶の実績を確かにおした。
以後カン・ジファンは2006年MBC '花火' '90日,愛する時間'(以下9愛時)でつらい愛を描きながら,演技変身を試みた。

カン・ジファンは特に'9愛時'で演技者としての無限の潜在力を見せた。期限付き宣告を受けて永らく胸中に埋めてきた初恋にいきなり3ケ月だけ住んでくれと話すヒョン・ジソグを熱演したカン・ジファンは感性を食い込む節制された涙演技を描き出したことがある。

一年一年新しいキャラクターに挑戦しながら,演技変身を試みたカン・ジファンは2007年KBS 2TV '京城スキャンダル'で当代最高の自由恋愛主義者ソン・ウワンでくやしくて,愛のために独立闘士になって行く過程をコミカルながらも,時には真剣に描き出した。
またカン・ジファンは'京城スキャンダル'でアドリブ セリフをしらじらしく消化して,俳優としての瞬発力と才覚を見せることもした。

俳優としての欲に測った歩みを行くよりはのろい歩みで'快刀ホン・ギルドン'のホン・ジョンウン-ミラン(以下ホン姉妹)作家が"ギルドンのビジュアルは皆カン・ジファン氏本人作品"と話したことと同じようにカン・ジファンは自分だけのホン・ギルドンを作るために自身が着用する衣装と小物まで直接関わるなどキャラクターに対する情熱を注ぎ込んだと知らされた。

カン・ジファンは去る20日誕生日パーティーに先立ち開かれた記者懇談会で"演技上手くするという話を聞きたい"と内心を表わすこともした。黙黙と積み重ねた演技内面空白を土台にキャラクターをよく'演技'ということでなく自らキャラクターとこん然一体なって'快刀ホン・ギルドン'を輝かせたカン・ジファンに視聴者らは拍手を送っている。

パク・セヨンpsyon@newsen.com

元記事はこちら ニュースエン

チョンギョンハンダ....とても好きな言葉になりました。
ギルトンはこれを嫌がってたけどね(笑) 
「快刀 ホン・ギルドン」を視聴していて面白い事に、言葉を覚えるところがいっぱいできて、普通のドラマではあり得ない言葉をインプットしてきたような気がします。
だけど親しみのある言葉というのはとても使いたくてしょうがなくなっちゃって...
チョンギョンハンダはかなりそういう言葉だったりして....

アイラブユーに匹敵する意味を持つ言葉!?と言ってもいいくらいの愛情表現的言葉になったんですよねチョコの中では(笑)

最初の記事のタイトルがすごく気に入りました...

不滅のホンギルドン ギルーノク夫婦....
二人が結びつくことができただけでも....かなりストレス解消的な旨みがあっただけに...やはりラストが受け入れられない要因の一つなのでしょうね...だけど....チョンギョンハンダ!!!
やはりチョコにはギルトン、イノク二人の笑顔ばかり頭をぐるぐる駆け巡ります。

最終話放映終了から約48時間経って見て...チョコの気持ちは...

0327_20ステ22コミ_File_KBS_D-2_4


良く考えてみれば確かに....そんな感じなのでしょうか...
それぞれ皆さんが持つ余韻にどうぞ浸って....それでまだまだいいのではないかと思います(*^^*)

そして...ニュースエンの終映特集はこれにて終了ですn(_ _)n


スポンサーサイト

テーマ:洪吉童 ホン・ギルドン - ジャンル:テレビ・ラジオ




チョコさん、長い間ありがとうございました。
リアル視聴後いつもこちらにお邪魔しては、
チョコさんの感想にフムフムと頷き、
そしてupして下さる記事を読んでは目から鱗状態になり、
いつも感動しておりました。

これからの水、木曜日はどうやって過ごそうかな~
と、思案しております。
楽しい三ヶ月でした。
私も放映前からずっと追っていますのでもっと長いですが。。。

チョンギョンハンダ。。。いい言葉ですね~
また最初から観なおして、ホン・ギルドンの世界に浸りたいと思います。
日付が変わって、今日韓国に行かれるんですね。
興奮で今夜は眠れないのでは?v-290
素敵なユリちゃんに逢ってきて下さいね~v-344



【2008/03/29 00:43】 URL | kazu #OnIAhTro[ 編集]
チョコさん~こんばんは^^
お忙しい中いつも感想や記事をアップしてくださりありがとうございました。
チョコさんの分析(チョコ的には~)が大好きでいつもうんうん
ってうなずいていました。
的確で最後まで読まずにはいられない魅力的なサイトなんですね。
ホンギルドンが終わってしまったのは残念ですが早く日本でも字幕付きで見られたらと思います。
しかも地上波で・・・^^

チョコさんは今日からユリちゃんに会いに行く旅に出かけられましたね。可愛いユリちゃんを目に焼き付けて来てくださいね。
そして楽しいレポ待っています。
長い間本当にお疲れ様でした^^
【2008/03/29 22:31】 URL | ともこ #-[ 編集]
kazuさん~

本当に水曜日.木曜日の夜はどうしましょう?
まだまだ心の中ではホン・ギルトンが継続中なのでもう一度ゆっくりと見返すのがいいかなと本気で思っております(笑)
そしていつもお付き合いありがとうございました。
こうやってコメントをいただけたチョコも幸せなひとときでございました^^

ともこさん~~

ありがとうございました^^なんだか照れくさいですけど(*^^*)やはりこうやってコメントをいただけて本当に私も幸せに過ごすことができたように思います。地上波でギルトン~いいですね...早く放送決定して欲しいです♪
そうしたらまたここでも盛り上がれるかな!?それも楽しみだな~^^
【2008/04/01 09:33】 URL | choco #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat!, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。