Recent entries
2008/12/31 (Wed) そして....

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ユリちゃんデビューから10年の軌跡~
本日は1999年8月4日に行われたFin.K.L初コンサートをお伝えします~~^^



オリンピックフェンシング競技場


韓国においては女性グループでは初となる大型ライブ...
ここ蚕室のオリンピック記念公園内にあるフェンシング競技場にて開催されました^^

ある韓国のサイトではこんな記述が...

フェンシング競技場
7千余席はすでに売り切れ,舞台直ぐ前から
3階までコンサートを見に来た人々で場内は足ふむ場なくぎっしり埋まった。
7月からコンサート練習を中心に活動をしてきたピンクルは
今回のコンサートで1集,2集収録曲と個人ソロ曲を含んで,
総20曲余りを披露したし,その間放送で見られなかった多くの姿を披露した。

もっと席があったのかと思いましたが7000人規模のコンサートだったんですね^^
それにしても今となってはこのコンサートに見に行きたかったという気持が込み上げてきます...^^

そしてこんな記述も...(日本サイト~NEWS NAMBAより~この記事結構笑えて~(笑)面白いんです毎回^^)

1999/08/07 ピンクル、コンサートを無事終了(2段落目が非常に笑えちゃう...)

1999/07/31 ピンクル、8月末で活動中断(この記事の最後の3行のところ~大受けのチョコ...)

当時のファンの心配がリアルに伝わってきました...(^^ゞ
ユリちゃんがちゃんと歌えるかって...???(笑)
そんな心配よりもユリちゃんのあの可愛らしい声をライブで聞けただけでも
とても今となってはお宝な事ではないでしょうか...
二度と帰ってこない時間...Fin.K.Lというグループのそんな初コンサートは無事に終えられ...
数ヶ月後にVCDが発売されることとなるのですが...

とりあえず~そんな映像集の中より~2集の曲で本日はお伝えしたいと思います^^
引きだしの中の童話そしてKISS ME? ALRIGHT 2曲続けて~
コンサート後半の盛り上がった感じの中での2集からのメドレー的な感じで歌っています~♪



199908concert05.jpg


199908concert06.jpg


一応初コンサートでの披露曲は以下の通りになります(順不同)

1集より(6曲)
ルビー
SHADOW

Blue Rain
愛の香り
私のボーイフレンドに

2集より(10曲)
永遠の愛
WAITING FOR YOU
THE BEGINNING
引き出しの中の童話
OH! BOY
自尊心
STILL IN LOVE
KISS ME? ALRIGHT
ユリ
私の祈祷

ソロ曲
ジン(メモリー)
ユリ(魔法の城)
ヒョリ(KILLING ME SOFTLY)
ジュヒョン(I HAVE NOTHING/QUEEN OF THE NIGHT)

このライブでしか披露していない曲もありますので~とても貴重なライブだったことと思います。
チョコ的に1集はとても好きなので~このライブ映像は本当に宝物のように思っています(*^^*)

このFin.K.Lの初コンサートの記事を見つけました^^ 
ジュニアという雑誌99年9月の記事です^^



Star Q
デビュー後初めてのコンサート行ってきて
FIN.K.L二時間の間行われた歓喜と熱狂の中に招きます


470余日間我を忘れて前に向かって走ってきた<ピンクル>がデビュー以来初めて
オリンピック公園フェンシング競技場でコンサートを持った。
コンサート場の5千余席が売り切れるほどファンらの劣化のような声援の中でコンサートは
盛況裏に行われた。放送で見られなかった彼女たちのコンサート現場生生中継!

取材/キム・オクィ記者
写真/イ・ウォンギ記者

ユリのホワイト コンサート

空で爽やかに舞台で落ちたユリは言葉どうり翼を付けるだろうた天使の姿で登場して
数え切れない男子学生ファンらの集中的な関心を受けた。
きれいできれいなユリの音色エアーウーリーは‘魔法の城’がユリが選んだ歌.

台湾へ行ってユキのミュージックビデオでアイディアを得たぜんまい仕掛け人形の動作は
あまりにも可愛くて,本当に人形と勘違いするほど。
次にユリがお目見えした特技はインド舞踊.天使の服装を脱いでひたすら輝く
ぶかぶかなズボンを履いたままユリはその間磨き上げたインド舞踊を思う存分お目見えした。

舞台の上で仕損じないためにユリは放送スケジュールない時には常に個人長期練習をした程
彼女の踊り手並みはパーフェクトだった。
ユリが公演を終えるやセクシーな黒いひもワンピースを着たジュヒョンと
優雅な長いドレスを着たヒョリが共に登場した。
マイクをとらえて‘私の祈祷’を熱唱するジュヒョンとヒョリの姿は素敵な映画の一場面のようなだけだ。
服を着替えたジンとユリが合流して4人はセクシーダンスをお目見えしながら,
ファンらから多くの愛を受けた‘ルビー’と‘SHADOW’をひきつづき呼んで,
コンサートの熱気をより一層熱く熱した。

私たちは永遠のピンクル愛!
コンサート1時間前から<ピンクル>のコンサート場所のオリンピック公園フェンシング競技場は
人々の波の長蛇の列を作っている。
フェンシング競技場5千余席はすでに売り切れ,舞台直ぐ前断想から3階まで
コンサートを見に来た人々で場内は足ふむ暇なしでぎっしり埋まる。
‘永遠の愛’で歌謡界頂点に上った<ピンクル>がデビュー以後初めて持つコンサートなので
そうなのか人々の関心がいつの時より高いようだ。
女性グループという特性のためなのかコンサート場の70%以上が男子学生らでいっぱいになっているのも特徴.
自分らのスターが登場することを待ちこがれながら,ファンらは各々手に夜光棒と風船を持って熱心に
“ピンクル最高(ピンクルチャン)”を叫んでいる。
いよいよ舞台照明が消えて突然1筋のレーザービームが場内を掻き回す。
ドライアイスが敷かれて色々照明がつく。
白い服を着たバックダンシングチームの派手な踊りがコンサートのオープニング舞台を満たす。
続いて二十人余のサイバー的な衣装を着た女らが両側で長く立ち並んで,礼度の姿勢を取る。
軽快な音楽と共に白色,赤色,黒色,青の服を着た脇役の手を握って8月の新婦のように
目覚ましい白い色のドレスを着た<ピンクル>が仮面をかぶったまま入場した。
“ワ~”という叫び声の声と“ピンクル最高!” “ピンクル最高!”をずっと叫ぶ声がコンサート場に響きわたる。
‘永遠の愛’が流れ出て,皆舞台の上<ピンクル>のの姿に視線集中.

ユリに伝えるファンらの愛メッセージ

きれいで透明な君の顔を見ていると‘砂漠のオアシス’が思い出せて。
大変で疲れて倒れる時喉を潤せるすがすがしい水をあたえるそのような感じというだろうか。
もう高3だと大学入試の修学能力試験と音楽を併行しなければならないのに大変だろう。
頑張って望む学科進学することを私たちが祈りますよ。
すべての幸運がユリと一緒にするように願いながら元気なように願う。
11月スペシャル アルバムでより一層成熟する姿に戻るのを期待しながら...
あ、そうだ,コンサートに現れた翼を付けるだろうは天使の姿とてもファンタスティックだったの。
常に奇抜なことを考えて,人を驚かせる才能もあるようで。
また会う日だけを待つよ!

ピンクルの消息 1
‘永遠の愛’ピンクルが8月末から活動を打ち切る。
2集を出してずっと忙しいスケジュールを送った<ピンクル>は8月末
ファンらとの惜しいお別れを少しの間の間持つ。
台湾で開かれる‘アジア スーパーコンサート’に行った後,4人のメンバーらは各自休息を取った後
11月中旬ぐらい1,2集アルバムのヒット曲と新曲を縛ったスペシャル アルバムを発表して
活動を再開する計画.
特に2ケ月程度の休息期間中高3受験生のユリとジュヒョンはその間粗雑にした
大学入学試験準備に拍車を加える予定だ。

ジュヒョンのブラック コンサート

黒い色マントをゆっくりかぶって登場したジュヒョンが。
顔は見られないで彼女の声だけがコンサート場中にちゃりんたやりん泣かせる。
性悪を習っただけにジュヒョンはすがすがしくてパワフルな歌唱力で‘Nothing’を魅力的に呼んだ。
ジュヒョンが準備したびっくりイベントは映画<ボディーガード>に出てきた女主人公のように扮したこと。
黒い色マントを脱いでしまって,映画の中ホイットニーヒューストンが受けた服と
小物を同じように着たジュヒョンの姿が現れた。
映画主題曲‘Queen Of The Night’を呼ぶジュヒョンの姿はホイットニーを直ぐ前で見ているような
錯覚を呼び起こすほどあまりにも似た。
熱情的な舞台マナーと力がある歌唱力に瞬間コンサート場に集まったすべての観客は
彼女の魔力に捕われてしまった。
<ピンクル>各メンバーらが放送出演を除いてはすべての時間を今回の4人4色個人ソロに投資しただけに,
また他の<ピンクル>の魅力とメンバー一人一人の多様な浮気心と能力を今一度確認できる情熱の舞台であった。
この瞬間を完ぺきにするためにジュヒョンはリハーサルを10度ももっとしたという後日談。
後ほど他の人らが疲れて止めろという時まで式泣くとは思わない情熱で練習したのが
今日いよいよお目見えして,多くの拍手喝采を受けたのだ。

空も助けた<ピンクル>コンサート
TVを通してみた<ピンクル>のの姿も素晴らしいがライブ舞台で歌う彼女たちの姿はファンタスティックだ。
“皆さんこんにちは。雨がたくさん降って心配したのに空がきれいに晴れて,あまりにもうれしいです。
私たちの初めてのコンサートを空も祝賀するようです。
その間汗を流して準備した私たちの舞台可愛く見て下さい。
今日この席はファンのみなさんらと一緒のように遊んで楽しめるコンサートになるようにします。”
という挨拶の言葉と共に4名の天使は白いドレスをゴウゴウ脱いでしまいタンクトップと
ビニールの白いズボンで雰囲気変身.
溌刺として可愛い姿で既存には見られなかったパワーあって熱情的なダンスをお目見えして,
ファンらを熱狂するようになった。
大型画面に<ピンクル>の姿が見られてレーザービームがあふれて,舞台の上はより一層熱情的に見られる。
ユリが手を振りながら,舞台の前面に出てきて,男子学生らはもう少し近くで顔を見ようと互いに立ち上がる。
‘Waiting For You’,‘Oh!Boy’二曲がひきつづき呼ばれて,公演会場の雰囲気はますます熱して行く。

しばらく一息入れる私たちの<ピンクル>.
“普段こういう踊りを踊らないので,練習するのに大変でした。
ところで皆さんが好きだからうれしいですね。
これからより一層素敵な舞台をお見せします。”
ヒョリがマイクをとらえて舞台中央に一人残りメンバーらは舞台後に消える。
“次は私どもの各メンバーが熱心に準備した個人ソロです。
ジンとユリがしばらく服着替える間二人の秘密を皆さんにこっそり教えて差し上げます。”
“ジンは寝る時口を開いて寝てて,ユリはとても優しいです。へへ" “イェーイ”
秘密という声に好奇心をいっぱい見られたファンらは
秘密でない秘密を語ってくれるヒョリの才に笑いで答えた。

ジュヒョンに伝えるファンらの愛メッセージ
我を忘れて忙しく活動するのにたくさん疲れたようで。
今回のコンサートでどれくらい熱心に準備したのか新たに感じたよ。
夜の睡眠横行しながらビデオ資料も見ながら,常に変化した姿を見せるために努力する
あなたの姿がどれくらいすばらしいと見られたのかいや。
もういくら残っていない修学能力試験準備にも気を遣おうとするならゆっくり休むこともできないだろうね。
健康害するほどとても無理せずに今のようにだけがんばってくれればと思って。
‘アジア スーパーコンサート’も盛況裡に無事に終えて戻るように願って,
修学能力試験で良い成績受けて,望む学科に必ず行くように願う。
ジュヒョン ファイティング!

ピンクルの便り 2
<ピンクル>は8月27日台湾,タイペイで開かれる‘第2回アジア スーパーコンサート’に参加する。
この日舞台には<ピンクル>だけでなく国内のトップ歌手キム・ミンジョン,ユ・スンジュン,<ターボ>,
<ジャックスキス>と一緒に意味深いコンサートを繰り広げるものと見られる。
彼ら他にもユ・スンジュンと共に英語トュエッコクを吹き込みした台湾の女性歌手ユキ,
香港の万能エンターテイナーアレックス・チュードと共に出演する。
‘アジア スーパーコンサート’公演実況はSBSとケーブルTVm.netを通して,衛星録画放送される。

ジンのブルーコンサート

闇と静寂だけが漂う舞台の上に突然きれいで清潔なピアノの声が鳴り響いた。
一筋照明がピアノを照らして,ジンが直接演奏をしている。
ジンは幼かった時からピアノを習って,何の満一曲らはみな演奏できる実力を持っている。
ピアノ伴奏と一緒に彼女は普段好んで歌ったポップソング‘Memory’を歌う。
また舞台が暗くなって軽快なダンス曲が流れ出る。
目びっくりする間白い洋服に中折帽,ツエを入った姿で舞台で乗り出したジンは
バックダンサーらと共に興味が沸くStickダンスをお目見えした。
常にスケジュールが窮屈で眠る時間が不足するはずなのにいつああいうのを習う時間があったのか珍しく思う。
ジンの踊りは水準級,バックダンサーと完ぺきな呼吸を自慢しながら,ジンはファンタスティックな公演を繰り広げた。
彼女たちの率直淡泊な姿をよりしばらく<ピンクル>は汗を冷ますために舞台後に消えた。
<ピンクル>が消えた舞台は映像資料が流れ出て<ピンクル>の多様な姿を見せた。
昨年夏済州道(チェジュド)で送った3泊4日間の甘い休暇が入れられたビデオには
彼女たちの率直で純粋さがそのまま含まれていた。
飛行機に乗る瞬間子供たちのようにひたすらうれしがる表情,水上スキーを乗りながらうれしがる姿,
どんな平凡な友人らのようにわいわい騒いでいながら,おしゃべりをする姿,
初めて乗馬をしながら驚く姿など.
窮屈な日常を抜け出して安らかに休暇を楽しむ彼女たちの姿で子供のようなあどけないことが伺える。
彼女たちの日常的な姿がビデオに出てきて,男子学生らは目をまるく開いて集中また集中しながら見た。
寝つく前ベッドに並んで横になって,オーディションから1集を経て,2集で歌謡界頂上を占めるまでの
お互いが感じたものなどに対して率直に話を交わして,ファンらに聞かせてあげる手紙を書く場面も出てきた。

ジンに伝えるファンらの愛メッセージ
明るくて明るいいたずらっ子のように周辺に笑いをあたえるジン.
ピアノ,歌,ダンスなどあらゆることをみな上手にやり遂げるのを見れば本当にすごくて。
チームの個性と自身の個性を調和させるのが易しくないでしょうにいつも安らかで気さくな性格で
人を配慮する心がとてもきれいに見えて。
しばらく休む期間の間したかったこともよくして旅行もたくさん通いながら,
精神と肉体的に皆充電をして戻りなさいね。
ジンの色が入れられた個性あふれる<ピンクル>のスペシャル アルバム期待するよ。
私たちの期待破らないことよ。
私たちは常にジンを信じて!

ピンクルの便り 3
8月末活動を打ち切る<ピンクル>は11月スペシャル アルバムを発売する前に
しばらく塩辛さを内皮にも解いてメンバーらとのチームワークを固めるために短いながらも旅行する予定だと。
昨年にも1集活動を終わらせて<ピンクル>は日本で3泊4日こじんまりしていた旅行してくることもした。
活動中断をするというが相変らず大学入試試験準備とスペシャル アルバム準備で忙しい
<ピンクル>は時間を分けても必ずメンバーらどうし旅行してくると。

ヒョリのレッド コンサート


バックダンサーの護衛を受けながら登場したヒョリは青い色タンクトップにヒップホップ ズボンを履いたまま
‘Killing Me Softly’を格好良く呼んだ。
引き続き舞台空中で白い布が降りてきて晴れて,ミニスカートにロングブーツを履く
破格的なヒョリの姿が見られた。
歌謡界デビュー以後今まで活動しながら,一度もスカートを着て舞台の上に上がったことがなかったヒョリ.
そのような彼女の短いミニスカート姿に変身はとても可愛かった。
ファンらの“ヒョリ最高!”,“ヒョリ最高!”を叫ぶ声がますます大きくなる。
ポップソングと共にヒョリはヒップホップ ダンスを準備して,彼女だけの独特の魅力を思う存分見せた。
この頃新世代らの間で旋風的な人気を呼んでいるヒップホップ ダンスを踊るヒョリの姿は
自ずと‘ア!’という感嘆の声があふれるようにさせた。

新人グループ<クリックB>の祝い公演
この日<ピンクル>のコンサートを祝ってくれるために参加したゲストは
ちょうど歌謡界に第一歩を踏み出して恐ろしい新人で注目されている7人で構成された
ロックダンス グループ<クリックB>.
ジュヒョンが舞台で出て来て<クリックB>をコミカルな声で紹介して,観客らに笑いを抱かせた。
イ・ソラ声をそのように真似ながら,ジュヒョンが<クリックB>の歌を求めた。
<クリックB>はこの日初めて大型ライブ舞台に立ってみたためなのか若干緊張したように見られたが,
すぐ歌の流れに引きずられて,緊張をぬぐい去って新人ダウン覇気と新鮮なことで
コンサートの舞台を輝かせてくれた。
彼らは‘Promise’と‘約束’二曲をファンらにプレゼントした。
<クリックB>の公演で1部の順序を終えてしばらく舞台の上は闇と静寂の中に
レーザービームだけがきらきら光を放った。

熱情的舞台,ファンタスティックな公演
舞台中央の一部分が開かれるとセット真下で登場した私たちの<ピンクル>は舞台に出てきて,
ラウンド ステージにのぼった。
ラウンド ステージがますます注いで上がってませてちゃっかりしている青色ドレスを着た<ピンクル>は
手を振りながら,ファンらの歓呼に答えた。
ドレスを着て‘ブルーレーン’を呼ぶ<ピンクル>のの姿で少女らの美しさと清らかさを感じられる。
4人の軟らかい和音は美しい舞台をより一層熱情的に引き立って見えるようにした。
ファンらの歓呼の中にもう一度ドレスでナシティとヒップホップ風ズボンでの衣装変身,エイッ!
ジンとユリがまず前に立ち上がって‘Still In Love’をデュエットで呼んで,
みな共に‘引出しの中の童話’,‘自尊心’を繋いで呼んだ。

ヒョリに伝えるファンらの愛メッセージ
常に<ピンクル>のリーダーらしく物静かながらも奮起を作り出すことができる姿がとても見栄えが良くて。
特に明るく笑う時は見る人々をどれくらい気持ち良くさせるのかいや。
気楽な幼なじみのようにいつも強固に自身の周辺とメンバーらを取りまとめることができるヒョリに
力強い拍手を送ってあげたくて。
台湾でも活発な活動をする<ピンクル>がアジアだけでなく世界的な歌手に成長して,
全世界の人々に愛を受けたら良いよ。
8月末活動中断で当分見られないということが気に障るがより一層素敵な姿に戻るのを待っているよ。

ピンクルの便り 4
今春<ピンクル>がお目見えした童謡ビデオ‘<ピンクル>の蝶々蝶々童謡祭り’が着実に人気を得ていると。
<ピンクル>はこのビデオを全国の乳児院など子供施設にただで寄贈して一部は
直接デパート サイン販売などで基金を用意,水害地域住民たちを助けるのにも先頭に立つつもりなんだよ。
顔,気立て何一つ憎いのになしであまりにも可愛い<ピンクル>.

ファンらに伝える<ピンクル>の心
ヒョリとジン,ユリが共に登場.
個人ソロ舞台をちょうど終わらせて入って,服を着替えているジュヒョンを共に呼ぶ。
“ジュヒョン!”ませてちゃっかりしている学生スタイルのスカート姿でまた登場したジュヒョンが。
あらかじめ準備した紙を繰り広げた<ピンクル>.
その間ファンらにしたい(叱られる)言われる時は手紙を読んでくれた。
ヒョリ:服着替えて朗読する手紙をなくしました。だがしたい話はいつも頭中にあるから
今思い出せるのを話します。私どもを常に愛して下さってありがとう。
だが私どもが好きだと自分の生活に充実できないファンは嫌いです。
勉強でも違ったことも常にがんばるファンらになるように願います。

ジン:コンサートを終わらせたらメンバーらと共に大きく笑いたいです。
昨日まで雨がたくさん降って‘人々がたくさんこなければどうするだろう’と心配をよくしましたよ。
常に皆さんを愛してよ!

ユリ:私どものコンサートおもしろかったのですか?
準備期間が窮屈で,ちょっと粗雑な点もありましたよ?
だけどファンのみなさんらがとても良く見て下さって有難くて,
<ピンクル>愛する心変わらない事を望みます。

ジュヒョン:今日はピンクルが活動して456日目になる日なんです。
皆さんのそばに...(泣きかけながら,まだ言葉をつなぐことができない。)
ジュヒョンが感激に負えなくて,言葉をまだつなぐができないので,
ファンらは力強い拍手を送りながら“ジュヒョン最高!”をずっと大声を張り上げて呼んだ。
ヒョリがジュヒョンの代わりにマイクを捉える。
“皆さんのそばに常に私どもが居ることご存知であるのでしょうか?
したい話を今この席だからできないが,皆さんが大変な時,
私どもがいつもそばで力になって差し上げます。本当に愛してます”
と言葉をまだ締めくくる前にファンらの燃えるような満場の拍手が起こった。

ヒョリ,ジン,ジュヒョン,ユリは手紙を紙飛行機で作って,ファンらに飛ばして送った。
皆各々手に持っている夜光棒を揺さぶりながら<ピンクル>の自尊心を付いて歌う。
引き続き胸じいんとしたコンサートの最後びっくりイベント.

痛みを共にする暖かいコンサート
マルチ ビジョンにある子供の顔がクローズアップされる。
続けて5才ハヌルの家族が出てきて切なく子供を探す残念に思う心を入れたビデオが流れる。
‘迷子探す’キャンペーンで単純に遊んで楽しむコンサートだけでない
私たちの周辺の痛みを共に分けようとの趣旨を含んでいる。
<ピンクル>の他人に対する暖かい心遣いを感じられて微笑ましく近寄ってきた。
各々ロウソクのあかりを一つずつ入った<ピンクル>と,バックダンサーらが敬けんな姿勢で舞台に上がる。
ごめんねで,少し遅れましたよ。
私があなたに必要なことをもう分かりました。
記憶します。
私の両手はあなたを向かっていていつも変わりません。
今は私が一緒にします。
あなたが願う彼夢をかなえられるように一人と感じられれば
いつもあなたのそばに私がいるとのことを考えます。
大切です。
今は私たちが同じであるところに向かって一緒にする時間らが今は私が愛します。
あなただけの私が大切な幸福を祈ります。
<ピンクル>の2集に収録された‘The Begining’の歌歌詞のように
お互いに手を伸ばしてくれる社会になればというすが入る。
ロウソクのあかりを持って歌を歌うクニョドゥルィモスプは本当に天使のようだ。
もう別れる時間.
彼女たちの舞台後に消える。
しかしファンらはその場で起きる方法を知らないまま“ピンクル最高”,“アンコル”を喉がかれろ叫びまくる。
オ,なぜ<ピンクル>が出てこないだろう。..
1分頃なったのだろうか。
ジュヒョンが舞台に出てくる。
“アンコールはより大きくしてこそまた出てくるんです。
声がとても小さくないですか?”
あちこちで笑いが出てきて“ピンクル最高”を叫ぶ騒がしい声がコンサート場を大きく響くように泣かせる。
また登場する4人の天使が‘私の男の友人に’と‘永遠の愛’をアンコール曲で歌う。
<ピンクル>と,ファンらが一つになった二時間を終わらせて
皆みな惜しみを後にしたまま1人2人立ち上がる。
夕方太陽が暗くなったのを後にしたまま背を向ける人々の顔に明るい笑いが渦巻いている。
家で帰っていく道に‘ピンクル最高’という単語がずっと頭の中から消えない。

元記事はこちらから(写真もありますよ^^)

ってことで~初コンサートは無事に終えられました。
2集の活動を8月末に控えて充電まではあともう少しなのですが
トップアイドル達のスケジュールはかなりの忙しさだったようです~
またそれは後日...

ではではそんな1999年8月より....7年後の2006年8月に発売された
雑誌ananの画報より~

200609anan001.jpg

2006年のこの時期はちょうど「ある素敵な日」を終えてから「雪の女王」までの少しの休息の時期でしたね...
この画報はアメリカ・ロサンゼルスで撮影されました...
とあるカフェにて~こんなユリちゃんを見つけたら...と思うと...
またそんな妄想だけでも気分がチョアチョアな~チョコでございます(*^^*)
(このお写真はホテルの窓辺って感じですけどね~~~^^カフェでこんな雰囲気のユリちゃんに
会ってみたいものですね~~^^きっと声掛けれないだろうねぇ~~^^)





スポンサーサイト

テーマ:ソン・ユリ - ジャンル:アイドル・芸能




chocoさん、今晩は♪

はぁ~ここまで来るのに長かった~目がチカチカッ・・・^^;
そして、記事を読んでて、私今まで勘違いしてた?かも~って。。。@@;
「ピンクルちゃん」って、「ピンクル最高」っていう意味なんですか?
今まで、普通に日本の呼び名のちゃんだとばかり思ってて~
何かの紹介で、Fin.K.L ぴんくるちゃん って書いてあったような~
ユリちゃんも愛称ゆりちゃんと書かれてたみたいだったような~?
だからゆりちゃんと呼ばれてるのかと~
と、いうことはコンサートでゆりちゃん、ゆりちゃんと掛け声してるのは、ユリ最高って意味なの???
あれれ~???
【2008/06/16 23:40】 URL | hako #-[ 編集]
hakoさん~

長い記事でミアネ~チョコも翻訳しながら倒れそうでした...(笑)あのピンクルチャン!の掛け声だけど~以前からhakoさんが言われてたように私も韓国でも~ちゃんって応援するのかぁ~と思ってたけど...記事を翻訳してるとこのチャンってところ「最高」という意味があるようでした...ハングルで記載されていたので意味的には間違いないと思います~
ですからもう「最高」という意味と「~ちゃん」という意味とを掛けて素晴らしい意味の掛け声って事で...
これからも「ユリちゃん~ユリちゃん~」と言い続けて行きたいと思います~
そうそう...「ユリ最高!ユリ最高!」そういう意味ですよ~~^^
いい意味だから~すごくよかったなって思います^^

【2008/06/17 08:00】 URL | choco #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 お気に召すままチョコっとchocolat!, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。